フォト
無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

渡米日記はまだまだ続きます☆

Kikaseya_001 Kikaseya_006 Kikaseya_003 Kikaseya_004

あ~時差ぼけ。眠い。

んで、この二ヶ月で背が伸びた。

と、思ったら、日本の家の天井が低いだけだった。

僕のカリフォルニアは終わってしまいましたが、

まだまだ書き残していることがあるので、しばらくは渡米日記が続くと思います☆

渡米中、毎日日記を書いていましたが、それでも書ききれていないのです。

だって、日記に書きたいと思うことが、毎日3つはあったから。

昼に書いておかないと、夜にはまた別の書きたいことが出来ちゃう。

毎日2時近くまで日記を書いてた気がします。

それくらい、刻みたい経験だったから。

日記を書く度に、その出来事が記憶の引き出しにしまわれていく気がしました。

書くと、自分の気持ちもまとまる。

心が確かに成長していくのが分かりました。

さて!

今日は5月23日(土)サンフランシスコ日本語補習校のこと。

お母さんグループにずいぶん良くしてもらいました。

ここに通う子ども達は、毎週土曜日に日本の言葉や「日本」を学びにきます。

『学ぶ』ということだけではないけれど。

まるっきり、日本の小学校、中学校、高校です☆

まずはお母さん達に、絵本の読み聞かせ講座です。

アメリカでの経験を話せて、楽しかった~♪

時間を大幅にオーバーして、しゃべり続けました(笑)

そして、昼食タイムカフェテリアに、俺登場!!

幼児部と小学部のたくさんの子ども達の前で読み聞かせ。

超ビッグステージ☆

【もったいないばぁさん】はここでも大人気♪

ここのお母さんの一人が…

『お兄さん日本で見ました~。横浜で!!』

って。

すごい!!

アメリカでも俺を知ってる人が☆

そして、中高部へ移動。

そこでは授業…。

「なに?俺、何話せば良いですか(笑)?」

中高生に僕がこの活動を始めたきっかけなんかを話しました。

難しかったなぁ。中学生と高校生一緒は(笑)

でも、良く聞いてくれていました☆

先生も、特に高校生達は色々考えることも多いからって。

俺も高校生の時は何がしたいか分からなかったしね~。

大学行かなかったしなぁ。

決まるわけ無いんだよなぁ、17やそこらで。

俺は短大入ったの22歳だし。

保育士になったの24歳だし。

保育士やめたの26歳だし。

人生は真っ直ぐいかない!!色々あるわ(笑)

そんなこんなで、アメリカの子ども達に≪聞かせ屋。≫の種をまいてきました。

「迷うことも悩むこともあるだろうけど、

今やりたいと思ったことを、思いっきりやんな。」

って言ってきた♪

《聞かせ屋。うらしまたろう》

《聞かせ屋。うらしまたろう》
日本の家に着きました。

ジョークです。

これは、ロンさん家の隣の家。

朝、ウクレレ弾きました。

こんな日々も終わってしまいました。

飛行機内は、色々な気持ちがうずまいて、眠れませんでした。

写真の整理をしたり、アメリカ初ステージのDVDを見たりしていました。

機内で一人、よく笑いました☆

あの子笑った!

とか、

この子飽きた!

とか。

嬉しい笑いです。

「思い残すことは何もない。」

そう、言えます。

眠いよ〜☆

思いっきり寝てやろ。

地元に戻ってみると、

CDレンタルショップが移転になってました。

近所の家が、出来上がっていました。

郵便物が、チョモランマでした。

楽天が2位でした。

何年か海に潜っていたようです。

★絵本☆絵本★絵本☆

〜うれしい絵本読み聞かせ〜

《聞かせ屋。けいたろう》
k-taro@kikaseya.com
↑講座や公演のご依頼はこちらからお願い致します。

坂口慶

只今アメリカで絵本読み聞かせ中!

★絵本☆絵本★絵本☆

Thank-you☆

Thank-you☆
もうすぐ出発です。

別れは意外と、泣かなかった。

思い出がありすぎて、別れの一瞬では思い出せなかったんだ。

それにまだ、終わってない気がするから。

こっちに来て10日間で、来年も来ることを決めた。

そういう毎日だった。

ありがとう☆

Thank-you☆

★絵本☆絵本★絵本☆

〜うれしい絵本読み聞かせ〜

《聞かせ屋。けいたろう》
k-taro@kikaseya.com
↑講座や公演のご依頼はこちらからお願い致します。

坂口慶

只今アメリカで絵本読み聞かせ中!

★絵本☆絵本★絵本☆

Take me out to the ball game〜私を野球場に連れていって!〜

Take me out to the ball game〜私を野球場に連れていって!〜
Take me out to the ball game〜私を野球場に連れていって!〜
Take me out to the ball game〜私を野球場に連れていって!〜
私を野球場に連れてって!

ニック!

よっしゃ〜

アスレチックスVSマリナーズ!!

一番前!
フェンスが無い!!

イっチロぉー〜!!!

★絵本☆絵本★絵本☆

〜うれしい絵本読み聞かせ〜

《聞かせ屋。けいたろう》
k-taro@kikaseya.com
↑講座や公演のご依頼はこちらからお願い致します。

坂口慶

只今アメリカで絵本読み聞かせ中!

★絵本☆絵本★絵本☆

☆最高のお土産★

☆最高のお土産★
紀伊国屋書店でのラストステージ。

驚いた☆

だって、11時から最初のステージなのに、お客さんあんまりいないんだもん(笑)

やっぱり早かったか。

と、

思った。

でも、

店長と敷物を用意していると…

いやいや、

ちょっとー

今まででどこに居たの〜?

ってくらいたくさんのお客さんが座った☆

皆、僕の時間を目指して来てくれたんだって。

思わず言っちゃったもん。

「正直こんなに来てくれるとは思わなかった〜!」

って(笑)

店長も、

『たった一週間の告知で、これはスゴい…』

って。

あとは、

任せてよ。

俺は、

二ヶ月のアメリカ修行を終えた、

《聞かせ屋。けいたろう》
なんだからさ☆

環境は日本と変わらない。
皆、僕を求めて来てくれているんだ。

でも、

日本とは違う。

アメリカの俺は、
ソウルフルだぜ!!

魂込めて読んだ。

広い店の端から端まで、
響かせた。

自分の読み聞かせ以外、
何も動いていないようだった。

やってやった。

悔いのないラストステージだった。

きっと自分の顔は、
自信に満ち溢れていた。

それを思って、

笑った。

『また来年、来てくださいね!』

アメリカのラストステージ、

海外でも求められる自分を知って、

俺、帰国!!

★絵本☆絵本★絵本☆

〜うれしい絵本読み聞かせ〜

《聞かせ屋。けいたろう》
k-taro@kikaseya.com
↑講座や公演のご依頼はこちらからお願い致します。

坂口慶

只今アメリカで絵本読み聞かせ中!

★絵本☆絵本★絵本☆

ファイナルステージ☆紀伊国屋書店San jose店!

ファイナルステージ☆紀伊国屋書店San jose店!
ファイナルステージ☆紀伊国屋書店San jose店!
今日は、アメリカでのファイナルステージ☆

二ヶ月間の集大成です!

見に来てくれた、たくさんのお客さんにびっくり!

さくら学園のまひなちゃんとまいちゃんが来てくれたよ〜♪

また来年会おうね☆

昨日は、日本語補習校で読み聞かせしました。

後でじっくり書きますね☆

★絵本☆絵本★絵本☆

〜うれしい絵本読み聞かせ〜

《聞かせ屋。けいたろう》
k-taro@kikaseya.com
↑講座や公演のご依頼はこちらからお願い致します。

坂口慶

只今アメリカで絵本読み聞かせ中!

★絵本☆絵本★絵本☆

路上のSoul

路上のSoul

彼は、来なかった。

『来れるかどうか分からない』

そう言っていたのかもしれない。

急な予定が入ったのかもしれない。

それは、仕方のないことだ。

一昨日の木曜日、路上をやりに行ったら、その場所にヴァイオリニストが居た。

とりあえず、見た。

今年に入ってから、ヴァイオリンに縁がある。

この日もそうだった。

しばらく見ていると、彼は俺に話しかけてきた。

俺は、自分もストリートパフォーマーであることを話した。

トランクを開けると、彼はすごく良い顔で俺を見た。

だから、

セッションを申し入れた。

[ねずみくんのチョッキ]

彼に見せるように、対面してそれを読んだ。

心地良さそうな笑顔と共に、ヴァイオリンの音が流れた。

あんなにHappyなねずみくんのチョッキは、初めてだった。

読み終えて、
同じ笑顔で笑った。

でも、彼には時間が無かった。

だから、今日の約束を交わしたのだが。

俺は、やれるだけの事をやった。

それでもそうならないのであれば、

そういうことなのだろう。

その代わりにそこ居たのは、シンガーだった。

そのソウルフルな歌声は、圧巻だった。

一時間、

すぐそばで見た。

自信があるとか無いとか、

度胸があるとか無いとか、

そんな次元の話じゃ無かった。

今までで考えていたこと全部、

かき消されてしまうような歌声だった。

圧巻

としか言いようがない。

彼は、すぐ傍に座り込む俺に向かって、歌い続けた。

視線をそらしたら、声に潰されそうだった。

みるみるうちに、1ドル札が投げ入れられた。

俺は、

これを忘れていたのかもしれない。

俺はストリートミュージシャンだった時、

誰よりも大きな声で歌いたかった。

隣に並ぶシンガーを、声でぶっ飛ばしたかった。

ハングリーだった。

忘れていた。

日本に帰れば、
俺の路上には、多くのお客さんが来てくれる。

忘れていた。

あの頃のソウルを。

鍛え直そう。

歌声を。

そして、

歌うように読めばいい。

初めてだった。

絵本を抱えて路上に出たのに、
路上をやらなかった日は。

トランクを開ける気にもならなかった。

自分もストリートパフォーマーである事を、話す気にはならなかった。

路上最終日、

路上のSoulをアメリカに見た。

★絵本☆絵本★絵本☆

〜うれしい絵本読み聞かせ〜

《聞かせ屋。けいたろう》
k-taro@kikaseya.com
↑講座や公演のご依頼はこちらからお願い致します。

坂口慶

只今アメリカで絵本読み聞かせ中!

★絵本☆絵本★絵本☆

こないだ路上をやろうとしたら…

こないだ路上をやろうとしたら…
カッコイイヴァイオリニストが居た。

さぁ、君ならどうする?

今晩、

サンフランシスコの路上にて、

もしかしたら、

もしかする。

★絵本☆絵本★絵本☆

〜うれしい絵本読み聞かせ〜

《聞かせ屋。けいたろう》
k-taro@kikaseya.com
↑講座や公演のご依頼はこちらからお願い致します。

坂口慶

只今アメリカで絵本読み聞かせ中!

★絵本☆絵本★絵本☆

頑なになるなんて、もったいない☆

Ca3a0263Ca3a0262

今日は、Foot hill High-schoolに参上☆

アメリカで三度目のハイスクール読み聞かせです。

一度目二度目はどちらも四月。

頑なに「日本語だけで!!」とこだわっていた時期でした。

それでも伝わることは伝わったように思いますが、

きっと頑なな気持ちも伝わっていました。

そう、ましてや多感な高校生、

きっと全員がウェルカムでは無かった。 

顔を上げない男子もいれば、あからさまに相手にしてくれていない女子もいた。

それでも時に胸を張り、歩み寄ろうにも、その方法が分からなかった。

でも、

今日は違った。

今日の人気NO1は、「もったいないばあさん」BY講談社

『もったいな~い』というフレーズと、摩訶不思議なおばあちゃんキャラが大人気☆

今日の読み聞かせは、その魅力を伝えられたと自負する。

日本語のレベルは、初級中級上級と、三段階に分かれていた。

だから、

読み聞かせに混ぜる英語の割合も、三段階に分けた。

初級では、はじめにしっかりと説明をする。

「もったいない」について。

そして、導入をしっかりする。

そして、英訳を多く混ぜる、時に注釈も加える。

中級では、決め手となる言葉、日本語では難しい表現を英訳。

絵から伝わりにくい部分も英訳した。

上級では、ほとんど日本語。

むしろ、日本でのリアルな絵本読み聞かせを見せた。

そう、

進化した、

進化している事を、

自分の冷静さから感じ取れた。

はじめは下を向いていた生徒が居た。

話していた生徒も居た。

でも、俺は見た。

よし。

全員が絵本に目を向けた。

『ありがとうございました!!』

そう言って部屋を出て行く生徒達。

その数は、4月の比ではなかった☆

おっし!!

ラストウィークエンド!!

行くぞ!!

FootHill High-schoolで読み聞かせ☆

FootHill High-schoolで読み聞かせ☆
FootHill High-schoolで読み聞かせ☆
FootHill High-schoolで読み聞かせ☆
フットヒルハイスクールの日本語の授業にゲスト出演です☆

自己紹介の聞き取りをして、
質問タイムをやって、絵本を四冊読みました♪

[もったいないばあさん]が大人気☆
翻訳版です。
ディール先生が、英語の前書きを読んでくれています。

時々英語を混ぜながら読みました〜♪

あと2コマ。

今、お寿司を食べて、休憩中です。

★絵本☆絵本★絵本☆

〜うれしい絵本読み聞かせ〜

《聞かせ屋。けいたろう》
k-taro@kikaseya.com
↑講座や公演のご依頼はこちらからお願い致します。

坂口慶

只今アメリカで絵本読み聞かせ中!

★絵本☆絵本★絵本☆

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー