フォト
無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« こないだ路上をやろうとしたら… | トップページ | ファイナルステージ☆紀伊国屋書店San jose店! »

路上のSoul

路上のSoul

彼は、来なかった。

『来れるかどうか分からない』

そう言っていたのかもしれない。

急な予定が入ったのかもしれない。

それは、仕方のないことだ。

一昨日の木曜日、路上をやりに行ったら、その場所にヴァイオリニストが居た。

とりあえず、見た。

今年に入ってから、ヴァイオリンに縁がある。

この日もそうだった。

しばらく見ていると、彼は俺に話しかけてきた。

俺は、自分もストリートパフォーマーであることを話した。

トランクを開けると、彼はすごく良い顔で俺を見た。

だから、

セッションを申し入れた。

[ねずみくんのチョッキ]

彼に見せるように、対面してそれを読んだ。

心地良さそうな笑顔と共に、ヴァイオリンの音が流れた。

あんなにHappyなねずみくんのチョッキは、初めてだった。

読み終えて、
同じ笑顔で笑った。

でも、彼には時間が無かった。

だから、今日の約束を交わしたのだが。

俺は、やれるだけの事をやった。

それでもそうならないのであれば、

そういうことなのだろう。

その代わりにそこ居たのは、シンガーだった。

そのソウルフルな歌声は、圧巻だった。

一時間、

すぐそばで見た。

自信があるとか無いとか、

度胸があるとか無いとか、

そんな次元の話じゃ無かった。

今までで考えていたこと全部、

かき消されてしまうような歌声だった。

圧巻

としか言いようがない。

彼は、すぐ傍に座り込む俺に向かって、歌い続けた。

視線をそらしたら、声に潰されそうだった。

みるみるうちに、1ドル札が投げ入れられた。

俺は、

これを忘れていたのかもしれない。

俺はストリートミュージシャンだった時、

誰よりも大きな声で歌いたかった。

隣に並ぶシンガーを、声でぶっ飛ばしたかった。

ハングリーだった。

忘れていた。

日本に帰れば、
俺の路上には、多くのお客さんが来てくれる。

忘れていた。

あの頃のソウルを。

鍛え直そう。

歌声を。

そして、

歌うように読めばいい。

初めてだった。

絵本を抱えて路上に出たのに、
路上をやらなかった日は。

トランクを開ける気にもならなかった。

自分もストリートパフォーマーである事を、話す気にはならなかった。

路上最終日、

路上のSoulをアメリカに見た。

★絵本☆絵本★絵本☆

〜うれしい絵本読み聞かせ〜

《聞かせ屋。けいたろう》
k-taro@kikaseya.com
↑講座や公演のご依頼はこちらからお願い致します。

坂口慶

只今アメリカで絵本読み聞かせ中!

★絵本☆絵本★絵本☆

« こないだ路上をやろうとしたら… | トップページ | ファイナルステージ☆紀伊国屋書店San jose店! »

コメント

もうすぐ帰国ですね~

その直前とも言える日に、

素晴らしい出会いがありましたね


色んなことをいっぱい吸収して

祝福ですねconfident

日本でそのお土産を

溢れるばかりに流して下さいね

楽しみです

本当に出会いは不思議ですね。ヴァイオリンの彼は、けいたろうさんの心の片隅に、ずっと住み続けるのでしょう。でも、さらに素敵な出会いが、次々と押し寄せてくるのでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/411162/29766982

この記事へのトラックバック一覧です: 路上のSoul:

« こないだ路上をやろうとしたら… | トップページ | ファイナルステージ☆紀伊国屋書店San jose店! »