フォト
無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« おやすみ。 | トップページ | ありがとうがいっぱい☆ »

アメリカの日本

アメリカの日本
14日木曜日、
日本町リトルフレンズにて公演。

15日金曜日、
ウォルナッツクリーク教会にて、
日本人のお母さん会←勝手に名付けた(笑)
にて公演をしました。
そこでは、子どもへの絵本読み聞かせだけでなく、読み聞かせ講座も☆

こちらへ来るまで知らなかった、
自分の役割。

『こちらで生活している日本人のお母さん、子ども達に自分の読み聞かせを届けること。』

こちらに来ている多くのお母さんは、一生懸命だ

日本語を自分の子ども達に伝えようと。

日本の文化を伝えようと。

そして、その中に絵本はある。

しらなかった。

自分がここまで求めてもらえるとは。

子ども達はこちらで生活しているし、両親のどちらかは大抵英語を話す。

だから、英語は分かる。

だが、日本語は、

学んでいる。

気を抜くと、忘れてしまう。

英語でのみ話してしまう。

お母さんと日本語で喋れなくなってしまう。

日本にいるおじいちゃんおばあちゃんと、

うまく喋れなくなってしまう。

そういう現実がある。

だから日本語学校や、集いがあると言っても過言ではない。

もう一つ見つけた自分が来た意味。

反応は日本と変わらない。

だが、難しいのが、理解できている日本語に幅があること。

彼らが話すときにそうであるように、自分も時に英語を混ぜて話さないと、全ては伝わらない。

難しい。

『この子には伝わっていても、この子には、伝わっていないだろう。』

表情を見ていれば、
分かる。

僕は、経験した。

図書館で見た絵本の読み聞かせ。

もちろん、英語だけ。

回りの子ども達が一斉に笑う。

つられて楽しくはなるものの、

その後に淋しさが通り過ぎる。

もっと分かりたいと、

もやもやした感情が生まれる。

知ってる。

やはり、言葉だ。

子ども達一人一人に、
同じうれしさを届けたい。

それはきっと、日本でも同じことだ。

一人のステージマンとして、

一人一人のお客さんに

出来る限り歩み寄ること。

一人を大切にすることは、

みんなを大切にすることだ☆

★絵本☆絵本★絵本☆

〜うれしい絵本読み聞かせ〜

《聞かせ屋。けいたろう》
k-taro@kikaseya.com
↑講座や公演のご依頼はこちらからお願い致します。

坂口慶

只今アメリカで絵本読み聞かせ中!

★絵本☆絵本★絵本☆

« おやすみ。 | トップページ | ありがとうがいっぱい☆ »

コメント

言葉の壁、あるかもしれないけど。。。。
言葉の壁なくても、
一人一人、伝わり方は違うんだもん^^
それなりに何かが伝わればいいですよ、ね、たぶんflair

言葉ってすごいですね。気持ちを伝えたり、気持ちを左右したり・・・気持ちが伝わるのってうれしいことですね。

一人を大切にすることは、
みんなを大切にすることだ


ホントそうだなと思いますshineshineshine

絵本を通してすごくたくさんのことを学べています☆
ほんとに。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/411162/29686356

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの日本:

« おやすみ。 | トップページ | ありがとうがいっぱい☆ »