フォト
無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 聞かせ屋。けいたろうinUSA!! | トップページ | 太陽とシスコムーン »

★☆日米絵本同盟☆★

★☆日米絵本同盟☆★
★☆日米絵本同盟☆★
昨日は、San mateoというところの、Aragonhigh-schoolで読み聞かせ☆

日本で言うところの、高校の英語の時間。
部屋には、日本地図や、日本の国旗、PUFFYのポスターなんかがあった。
生徒は、ちょっとだけ、日本語を話せる。

今日のゲストということで紹介してもらって、質問タイム。

「どこにすんでいますか?」

「しごとはなんですか?」

から、

「たべものはすきですか?」

「てんぷらはいくらですか?」

まで。

その後、芝生の上で読み聞かせ!

一つ目のクラスでは…

多分、スベった(笑)
反応がイマイチだった。
おそらく、一冊目の
[おおきなかぶ]が、幼すぎたな。
うんとこしょって言葉の響きがおもしろいかと思ったんだけど…。

気を取り直して、二クラス目。

いきなり大型絵本の
[ねずみくんのチョッキ] で、つかみはOK!笑いどころは日本と何も変わらない。

そして、数冊の絵本を読んで、終盤に、
[どこへいくの?ともだちにあいに!]
を読む。

いわむらかずおさんと、エリック・カールさんの共同作品。
右側から、いわむらかずおさんの描いた動物が、左側からエリックカールさんの描いた動物がやって来る。

そして、中央で皆が出会えて、皆で歌って踊るのだ。

日本側から俺が読んだ後、
アメリカ側からの読み手を募った。

すると、人気者らしい彼が出てきてくれた。

彼の読みはgreat!
犬やニワトリの鳴き声なんか、俺よりうまい!

無事、ラストページまでたどり着くと…。

俺のアドリブ☆

日米共通のHappyソングと言えば…

そう!
[しあわせならてをたたこう]

俺がまず、日本語バージョンを歌って、

彼がEnglish version を歌った!

もう、

鳥肌たったわ。

拍手喝采。

惜しみ無い拍手。

うまく言えたか分からないけど、
「日本の絵本で、アメリカの皆と一緒に楽しめたことが、本当に嬉しい」

と言った、つもり。

以後30分、あの光景を思い出すだけで泣きそうだった。

俺の中で、
絵本は言葉を越えた。

もし、言葉が通じなくても、
俺は絵本で手をつなげる。

アメリカに来て良かった☆

最高だぜ!!

« 聞かせ屋。けいたろうinUSA!! | トップページ | 太陽とシスコムーン »

コメント

うおーちょーうらやましい!海外行きたい!

凄い②絵本bookも、音楽notesも、国境を越えて、通じ合えるんですねcrying世界平和も夢じゃないかもscissors
Mr.バック先生の講義で楽しみにしていますheart04

けいたろうさんのご活躍を眩しく感じています。

[どこへいくの?ともだちにあいに!]
エリックカールさんの原画展で、絵本の翻訳家になりたいという新高1の長女に買いました。
すばらしい絵本ですよね。
いつか長女も、けいたろうさんのように、
海外で日本語と英語で1冊の絵本を読み合う日が来たらどんなに幸せだろうと思いました。
昨年、オーストラリアのホームステイ先へのおみやげは、「だるまちゃんとだいこくちゃん」の日本語バージョンと、英訳版でした。
読み合うところまではいかなかったようなのですが、彼女の夢を決めた思い出の1冊なのです。

けいたろうさんのご活躍は絵本を愛するものの大きなパワーになっています。
ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/411162/28974131

この記事へのトラックバック一覧です: ★☆日米絵本同盟☆★:

« 聞かせ屋。けいたろうinUSA!! | トップページ | 太陽とシスコムーン »