フォト
無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月の投稿

今日はまいちゃん家。

今日はまいちゃん家。
今日はまいちゃん家。
今日はまいちゃん家。
あみちゃんとかいげんと遊んでる〜♪

これから、少林寺拳法サンフランシスコ支部に行ってきます☆

★絵本☆絵本★絵本☆

〜うれしい絵本読み聞かせ〜

《聞かせ屋。けいたろう》
k-taro@kikaseya.com↑講座や公演のご依頼はこちらからお願い致します。

坂口慶

只今アメリカで絵本読み聞かせ中!

★絵本☆絵本★絵本☆

和田・モニカ・アキ子(うそ。)

和田・モニカ・アキ子(うそ。)
今日も図書館に行きました♪
水曜日の朝は、モニカおばちゃんの
[マザーグース親子触れ合いタイム☆]

↑勝手に名付けた。

着くと、
「わぁ〜!」

30組くらいの親子が集まってる。
ほとんどは一歳くらい。

モニカさんのステージはマジックだ。
ママも子どもも笑顔全開。
とっても楽しそう。

モニカさん自身がとにかく笑うし、
とにかく褒める。
一つ出来た毎に、
手を叩きまくって、
『Good job!!ぐっじょ〜ぶ!!』
だ。

育児の悩みなんかぶっ飛んでいきそうだ。

ペープサートを中心に、歌に絵本や体遊びにスティックリズム遊び。

なんでもあり、盛りだくさんの30分。

日本の若き遊び歌シンガー、シャケちゃんやかづとくん、にゃにゅにょに会わせたいわ。

絵本では、俺の18番
「とべ、カエル、とべ!」by評論社
を読んだ!

乳児対象なので、省略バージョンだけど…

省略バージョンでもいいんだ…

って感じた。
だって、絵本の中のカエルと一緒に、ママの膝の上で子ども達跳ねてるんだもん。

その年齢なりの楽しみ方がある。

そしてきっと、
それは、その時だけ。

この絵本を見て、
ママの膝の上で跳び跳ねる。

それは、今だけ。

でも、この絵本を省略せずに読んだ場合、
対象はおそらく、三才から。
更に、言葉がつながっていくおもしろさは、きっと五才から。

対象年齢になった時には、ママの膝の上では跳ねられない。

僕は、絵本の省略はちょっと…と思っていたけれども、

一歳の母子がそんな楽しみ方をしてくれるのならば、

絵本も喜ぶかもしれない。

それもOKかも☆
って思った。

日本の人達は、絵本を堅く握りすぎかも。

相当自由にやっていたはずの俺でさえ、そう思う。

モニカさんは、
どんな読みかたしてもきっと、
『笑ってゆるして♪』
だ。

★絵本☆絵本★絵本☆

〜うれしい絵本読み聞かせ〜

《聞かせ屋。けいたろう》
k-taro@kikaseya.com↑講座や公演のご依頼はこちらからお願い致します。

坂口慶

只今アメリカで絵本読み聞かせ中!

★絵本☆絵本★絵本☆

☆★≪聞かせ屋。けいたろう≫北アメリカの新聞に載った!!★☆

これは…感動した。

何も言わないから、見てみて。

http://www.hokubei.com/ja/news/2009/04-64

We are rock star☆

We are rock star☆
We are rock star☆
We are rock star☆
ニックとは気が合います。

二人は
結構あほです。

今日は、僕の買い物に付き合ってもらって、

家に帰って、

ニックの仕事が終わってから、庭でギターとウクレレでロックンロールごっこをしました。

これから二人でステーキハウスに行きます☆

★絵本☆絵本★絵本☆

〜うれしい絵本読み聞かせ〜

《聞かせ屋。けいたろう》
k-taro@kikaseya.com↑講座や公演のご依頼はこちらからお願い致します。

坂口慶

只今アメリカで絵本読み聞かせ中!

★絵本☆絵本★絵本☆

アメリカのストーリータイム~絵本読み聞かせ~

Ca3a0027_2

今日は、ダブリン市の図書館でストーリータイムを見ました♪

毎週月曜日、朝10時30分、たくさんの親子が来ています。

ニックが寝坊したおかげで、5分遅れで到着!!

ちょうど一冊目が終わったところでした。

お姉さんの膝には犬のぬいぐるみ。

今、読み終えた絵本見たことある!!

講談社で翻訳版「パフパフ」になってるやつだ!!

次は…犬の絵本。

お。

ちゃんとテーマを決めてやってるんだ☆

今日のテーマは犬らしい。

そう気がついて始まった二冊目。

英語はわからないけど…

舞台は雨の庭先。犬の居ない犬小屋が一つ。

様々な動物達が一匹、また一匹と犬小屋に入って雨宿り。

どんどこどんどこきゅうくつに…。

一匹入るごとに歌のようにリズミカルに読む。子どもも歌う。

「♪入ってもい~いかい?イヤだとはいわせないよ、は~いっちゃお♪」

↑完全に適当な翻訳。全く聞き取れず(笑)でも、いい感じ。

それを繰り返す。

てぶくろみたい。

だから、英語が分からなくてもわかった。

でも、≪なんだか、ちょっと寂しく、はがゆかった。≫

自分だけ言っている事が分からないのが、何だか、ちょっと。

ぎゅうぎゅうになったと思ったら、皆一斉に飛び出す。

犬小屋をのぞくと…スカンクが。

そこへ犬が帰宅。

わんわんわん!!

とスカンクを追い出し、いつもの犬小屋で一眠り。

一件落着。

っておはなし。

ほんとに分かったなぁ。英語分からなくても。絵だけで。

そして、二冊目。これも犬の絵本。

犬の親子が向き合って話していると、息子のジョージが変な鳴き声を出す。

『オインク!!オインク!!』

「ちがうわよ。それはブタの鳴き声。」

『みゃおみゃお!!』

「ちがうわよ。それは猫の鳴き声。」

『も~も~!!』

「ちがうわよ。それは牛の鳴き声。」

犬のお母さんは、ジョージを病院へ連れて行く。

すると人間のお医者さん。おもむろに手をのばして…

ジョージの口の中へ。

何やらお腹から引っ張り出すと…

ブタ!!

そして…

猫!!!

牛!!!!

などなど。

彼等が鳴いていたんだね~と、出てきた動物達にキスをする。

『ワンワンワン!!』と一件落着。

帰り道、人ごみの中を通るお母さんとジョージ。

家に着いてまたお母さんが話しかけると、返ってきた言葉は…

『ハロー!!』

あ~まさにこれは言葉の壁を越える絵本。

僕が読む【コッケモーモー】by徳間書店もまさにそれですね☆

ラストの「ハロー」には、お母さんも笑ってました。

ここで気になったのは、読み手のお姉さんのジェスチャーが大きいということ。

お医者さんが犬のクチに手を突っ込むために腕まくりをするシーンと、いざ突っ込むシーンで、絵本を持たない左手で同じ動作をしてみせます。

そう、こちらの読み聞かせは絵の動きを体で表現する人が多い。

僕は、しないのです。

絵本から目が離れてしまうから。

絵本をじっと見つめることで絵本の世界に深く入れると考えているから。

だから、顔の表情もあまりつけません。

アメリカでは声色もよく変えます。感情的な声を出すことも多い。

それと共に、顔の表情で感情を表現したりもしています。

子どもをのぞきこむように。

見てる子どもは、絵本の世界と現実の世界を行ったり来たりになるかな。

これが一般的な読み聞かせならば、読む人によって随分変わるかも。

読み手が役者の要素を担ってる。

う~ん。

絵本の読み聞かせはお芝居では無いから、読み手は黒子に近くあるべきだと思うんだけどなぁ。

声色も、不自然にならないギリギリの範囲でつける。

だみ声になったり、無理して出す声色はアウト。

頑張って出している声の主が気になってしまうから。

僕は、持っている手、めくる手の存在も消したい。

だから、毎回同じ動作でページをめくることで存在が気にならないようにしている。

紙芝居は、お芝居だから、役者になってもよいのだ。

アメリカ式はこうでは無さそうだ。

一言で言えば、読み手に動きがある。

アクションが大きくて、声色も派手だ。

これはこれで、読み手がクローズアップされて、楽しいのか?

「やった~○○おばちゃんの読み聞かせはたのしいんだ~!」

ってなるのか?

まだ分からん。

4冊目

このしっぽだれの?

みたいな絵本。

動物の一部分がアップになっていて、「これだ~れだ!?」

ってやつ。

日本でも翻訳されてるかも。

反応は日本と変わらない。

「ありげーたー!!くろこだいるー!!もんきー!!」

って。

ただ、そこで面白いことが起きた。

表紙のシマウマの顔を見て、子どもが、

「シマウマは??」

と言った。

体のアップの出題部分のことを言っているのだろう。

お姉さん、どこにあったのかと慌てて探す。

出題部分は、見返し(表紙裏)と裏表紙。

そこがシマウマ模様になっているのだ。

お姉さん、慌てた挙句ようやく見つける。

お姉さんは見返しと裏表紙を飛ばして読み聞かせているのだ。

そう、日本もアメリカも変わらない。

見返しと裏表紙にも大切な意味がある。

子どもは、その1ページも楽しむ。

だから、飛ばしちゃいけないんだな♪

最後にバイバイの手遊びをして、シールを配って終了。

終わってからお姉さんと最後の本の話をした。

「そうそう、子ども達がしまうまは~?って言うから、私は混乱してしまって…(苦笑)」

と言っていた。

とは言うものの、時間は30分ぴったり。

しかも、一冊ごとに手遊びや体遊びをしているのだからスゴい。

そのおかげで、子ども達は一冊一冊をリラックスして向かっていた。

お姉さん、なかなかやりおる。

僕が一冊目で感じた、≪なんだか、ちょっと寂しく、はがゆかった≫

という感情、大きな収穫だったように思う。

確かに、絵で内容は分かる。楽しめる。

でも、それと同時に、もっと味わいたいと思う。

≪この言葉がわかれば、もっと深く味わえる≫ことが分かってる。

でも、分からない。

それが≪はがゆさ≫だった。

きっとあの場所で言っていることが分からなかったのは自分だけだった。

皆は、歌えるほど理解できているのに、自分は理解できない。

仲間はずれになってしまったような感覚。

それが≪さみしさ≫だったかもしれない。 

もし、読み手のお姉さんが、僕にも分かるように日本語も混ぜてくれたなら…。

僕の方にも歩み寄ってくれたなら…。

↑これ、来月の自分の公演に置き換えてみよう。

お~!たった30分の会で、収穫充分!!

さてと…夕食の支度。

さてと…夕食の支度。
さてと…夕食の支度。
夕食のしたくでたくわんを切るおれ。

それに気が付いて、たくわんを待つ犬、
デイジー。

あげないけど。

花嫁募集中です。
アメリカから。

俺にたくわん切ってくれる人。

★絵本☆絵本★絵本☆

〜うれしい絵本読み聞かせ〜

《聞かせ屋。けいたろう》
k-taro@kikaseya.com
↑講座や公演のご依頼はこちらからお願い致します。

坂口慶

只今アメリカで絵本読み聞かせ中!

★絵本☆絵本★絵本☆

ウクレレフェスティバル!!

Pa0_0386

Grp_0041

Pa0_0381

昨日は、Heywardで開催されたウクレレフェスティバルに連れて行ってもらった。

ボブさんファミリーと一緒☆とっても楽しい♪

規模は、大学の文化祭くらいのものなんだけれども、ウクレレ好きにはたまらない。

かいくんと一緒に走り回りました。

かいくんは、次から次にウクレレを手に取るので、

「やさしくね、やさしくね!!かいくん、やさしくね!」

と言いながら、ドキドキはらはら。

かいくんは既にウクレレが弾けるのです☆

でも、$1000のは、勘弁して。

先日、学園の先生にウクレレプレイヤーのチラシをもらいました。

「自宅のアトリエ近くに来るので、見に来る?」

とのこと。

結局行かなかったのですが、偶然、このウクレレフェスティバルにも来るとのこと。

彼のステージを見ると…

「お~!goodプレイヤー!!」

ステージを離れて買い物。

カッコいいデザインのウクレレTシャツを買う☆

んで、せっかくならフェス気分を味わおうと、着てみる。

すぐトイレで着替え♪←ノリの良い兄ちゃんです。

んで、さっきの店の前を通る。

すると、ハワイアンな店員のおっちゃん大喜び!!

店員皆に握手を求められる(笑)

そうしているうちに、さっきのウクレレプレイヤーDerick Sebastianが。

店員のおっちゃんが、

『ほら、見ろデリック!こいつ超イイやつだぜ!!』

みたいなことを言って紹介する。

すると、デリック超超喜ぶ。

『わーお!!どこから来たんだ?日本?おー!俺の嫁さんは日本人なんだ。

日本行くよ!!名前は?』

「うん。ケイ。日本に来たら観光連れてくよ♪これ見て、チラシ。ほら、あなたの。そんでね、あなたと一緒のウクレレメーカーの弾いてるのよ。俺も。」

『カニレアのウクレレ使ってるの??マジ?おーい!聞けよ皆!カニレア使ってるって!なんてナイスなヤツだ☆ケイ、日本に行ったら一緒にウクレレ弾こう♪』

「もちろん!俺もハワイ行きたい!!行って良い?」

『もちろんだよ。来い!!Eメールアドレスくれないか??メールするから!!』

「OK!!写真、一緒にとって。」

『もちろん!お~なんてイイ奴なんだ~ケイ!!』

やりとり全部英語ね。

なんだか、ものすごい喜ばれてる。

デリックもめちゃめちゃイイ人だった。

そして、家へ帰る。

「ねぇねぇ、このTシャツ、胸の英語、なんて書いてあるの?」

『セバスチャンのミュージック。』

「せばすちゃんって何すか?」

『多分、名前。』

「せばすちゃん…Derick Sebastian」

!!

ただのデザインTシャツだと思ってたら、

デリックのライブTシャツだった(笑)

「だからあんなに気に入ってくれたんだ!俺のこと!!」

でも、彼のプレイはマジで良かったから、全然OK☆

I LOVE Derick.

偶然が重なると、奇跡になる(笑)

ノリの良い兄ちゃんには、ものすごい友だちが出来る。

Tシャツ着て良かった(笑)

アメリカの庭最高。

アメリカの庭最高。
アメリカの庭最高。
アメリカの庭最高。
思いっきり庭で遊ぶ。

ニックもウクレレに挑戦。

そして、挫折(笑)

気分は最高!!

★絵本☆絵本★絵本☆

〜うれしい絵本読み聞かせ〜

《聞かせ屋。けいたろう》
k-taro@kikaseya.com
↑講座や公演のご依頼はこちらからお願い致します。

坂口慶

只今アメリカで絵本読み聞かせ中!

★絵本☆絵本★絵本☆

My English OK?

090426_02040001

サンフランシスコジャパンタウンの紀伊国屋書店で読み聞かせ。

よ~じさんのギターとのセッション♪

[きょうはみんなでくまがりだ]by評論社
という絵本でリハーサルを始めると…

次々と人が集まって…

読み終わって一礼すると、あちらこちらから拍手!!

近くの飲食店のオープンテラスからも拍手。

リハーサルだけど…

期待感満載だったので、もう一冊
[かいじゅうたちのいるところ]by富山房
を読み聞かせ。

飲食店にいた人達が、こちらの椅子へ移動して来てくれました。

よーじさんのギターにのって、ノリノリのステージが終了。

リハーサル、最高でした(笑)

そして何より、今日変わった自分。

読み聞かせの中で、英語を入れました。

時々、ここは英語でも伝えておいたほうがいいなと思うところだけですが。

僕は、

「絵本は言葉が分からなくても、絵から伝わるもので十分通じる」

ということを実践したかった。

だから、アメリカに来ました。

でも、それにこだわり過ぎて、意固地になっていました。

「絵本を読んでいる最中は、日本語だけで。」

と、こだわっていました。

絵本に書かれている文以外の語りを入れるのは、どうかとも思った。

自分が英訳したとしても、それはカッコ悪い英語だろうとも思った。

プライドもあった。

でも、そんな自分を変えてくれたのが、昨日のさくら学園の高校生。

彼等の日本語の作文が、僕を変えた。

慣れない日本語での作文、それでも一生懸命な作文は、

日本人の僕に届いた。

思いっきり届いた。

どんなに流暢で、感情の込められた英語を話されても、

日本人の僕には、ここまで届くことは無い。

自分も彼等と同じだ。

アメリカが、カリフォルニアが好きになった。

ここで出会う人たち、僕を見に来てくれる人達に、

その思いを伝えたい。

もっと歩み寄って、絵本を届けたい。

そう思ったら、日本語と英語を交えることに、何の抵抗も無くなった。

きっと文法も発音もおかしくて、カッコ悪い英語だと思うけど。

「My English OK?」

そうして歩み寄る僕に、お客さん達は暖かい拍手と声援をくれた。

最後のステージ、

アメリカから翻訳されて、日本でも人気の絵本、

『きょうはみんなでクマがりだ』

その中で僕はやってやった。

物語の途中で、一言。

「I’ll try」

日本語翻訳の無い英語版に持ち替えた。

「We're going on a bear hunt !!」

実は、日本で練習してきた。

英文科の女の子に英語を録音してもらって。

夢中で英字を追った。

だから、お客さんの反応は見れなかった。

でも、

ギターを弾いていた洋二さんはこう言う。

『あの瞬間、パッと子ども達の目が変わった』

と。

僕も、変われた瞬間だった。

途中で絵本を持ち替えるなんて、聞いたこと無い。

でも、トライしてみたかった。

今やらなければ、後悔すると思った。

だから、やった。

その先には、惜しみない拍手が待っていた。

絵本の読み聞かせにはきっと、正解も間違いも無い。

僕は、自分と絵本と聞き手のやわらかい空間、

うれしい時間をつくりたい。

それは一期一会だから。

ここ、アメリカだからこそ、

アメリカであなたと向かい合っているからこその読み聞かせを、

僕はしたい。

「My English OK?」

Let's story time!!

Let's story time!!
Let's story time!!
Let's story time!!
今日もはじまりました!
紀伊国屋書店サンフランシスコ店での読み聞かせ☆

今日は、一階階段前です♪

事前告知も、日本人どおしの噂もあって、お客さん、僕めがけて来てくれてます!

サンフランシスコなのに!!

やった〜☆

★絵本☆絵本★絵本☆

〜うれしい絵本読み聞かせ〜

《聞かせ屋。けいたろう》
k-taro@kikaseya.com↑講座や公演のご依頼はこちらからお願い致します。

坂口慶

只今アメリカで絵本読み聞かせ中!

★絵本☆絵本★絵本☆

I LOVE JAPAN

Ca3a0020_3

日本が、どれだけ愛されてるか知ってる?

俺は、知らなかった。

今日はさくら学園アドバンスクラスで、作文の発表会があった。

スピーチ大会ではない。

コンテストでもない。

ただ、それぞれの「日本への思い」を発表する時間だった。

もうすぐ卒業の子も多いクラスでの発表会は、

日本への思いが溢れていた。

一人一人中央へ出てきて、おじぎをする。

そして、ローマ字ではなく、日本語で書かれた作文を読み上げる。

「私が日本語を学んでいる理由は、日本が大好きだからです。」

「私は、日本の文化が大好きです。日本に行ってみたいです。」

「私は、日本の歌が大好きです。アメリカの歌よりも、日本の歌が好きです。」

「日本のファッションは、とてもカッコ良いと思います。原宿に行ってみたいです。」

「私は、日本にいる親戚と、日本語で話がしたいです。」

「私は、日本の大学に行って、通訳になって、困っている人を助けたいです。」

彼等、彼女等は高校生。

ホームワークやたくさんの学校行事の時間とは別に、日本語を学んでいる。

自らの強い意志で、学んでいる。

日本が大好きだから。

そんな彼等の思いを聞いている自分は、椅子から微動だに出来なかった。

彼等をじっと見つめていた。

遠いアメリカ生まれた彼等が、ここまで日本を思ってくれていること。

たまらなく、嬉しかった。

涙が出そうなくらい、嬉しかった。

一人一人に大きな拍手を送った。

おせじではなく、本当に日本語が上手だし、

先生の助言を受けては、何度も何度も書き直して、

ローマ字は使わず、代わりに漢字を使って、

数ヶ月かけて、そうして出来た作文は、

日本人である僕の心に、確実に届いた。

一瞬たりとも彼等から目を離したくない程、素晴らしい時間だった。

全員に、日本旅行をプレゼントしてあげたい。

何か自分がしてあげられることは無いものか。

そう、思わずにはいられなかった。

カリフォルニアの人たちは、外国から来た人々に対して、

本当に優しい。

ガイドブックを見ていれば、

「なにかわからないことがあるか?」

となりのじいさんが話しかけてくる。

電車の時刻表を見ていれば、

「どこへ行きたいの?」

遠くから声がする。

音楽の集まりに行けば、

肩を叩いて

「ウェルカム!!」

だし、

迎えが来なければ、

「車に乗りな!」

と荷物を持ってくれる。

ホームステイをして回っていると知ると、

「いつでもウチにおいで。」

だ。

そんな暖かい人たちに対して、自分は何を返せるだろう。

日本に帰って、何が出来るだろう。

多くの日本人は、シャイだ。

困っている人を見かけたとき、

助けたいという気持ちがあっても、手をさしのべるのに勇気がいる。

相手が外国人ならなおさらだ。

俺は、日本が大好きな彼等に、悲しい思いをさせたくない。

「日本が大好きです。」

そう言ってくれる彼等に、これからもずっとそう言って欲しい。

だから、そういう日本でありたい。

俺一人の力はとても小さい。

でも、自分はこうして誰かにメッセージを伝えることの出来る人間だ。

だから、出来る限りのことはしたい。

この日記を見てくれているみんな☆

俺は皆を代表して、こんな素敵な人たちに出会って、

たくさんの優しさをもらってる。

もらいすぎて、一人じゃ返しきれない。

だから、もし皆の所へ彼等が来たら、

優しくしてあげて欲しい。

ほんの少しのことで良いから、

手を貸してあげて欲しい。

声をかけるだけでも、笑いかけるだけでもいい。

日本はあなたで、あなたは日本だ。

あなたを好きと言ってくれて、

あなたに会いに来てくれる外国の人たちを、

優しく迎えてあげてほしい。

よろしくお願いします。

俺は、アメリカに来て良かった。

自分の世界が広がった。

日本が近すぎて、見えていなかった。

あと残り1ヶ月、ちょうど半分が過ぎた。

既にもうラストは見えてる。

最後、号泣して帰ります(笑)

リベンジ成功☆

リベンジ成功☆

よっしゃ――――――――――――――――――――――――!!

やったぜ!!!!

サンフランシスコの路上で、
ねずみくんのチョッキ!!

アメリカン姉さん爆笑!!

『オーマイガー!(爆笑)』

って腹抱えて笑ってる!!

人だかりは一時10人近くにまでなった。

お賽銭も$3!!

30分で三人が入れた。

今日のはお情けじゃない。

称賛だ!!

俺は、路上生まれの絵本読み。

路上の借りは、

路上で返す!!

★絵本☆絵本★絵本☆

〜うれしい絵本読み聞かせ〜

《聞かせ屋。けいたろう》
k-taro@kikaseya.com
↑講座や公演のご依頼はこちらからお願い致します。

坂口慶

只今アメリカで絵本読み聞かせ中!

★絵本☆絵本★絵本☆

投球練習

投球練習
夜更けの秘密特訓。

よっしゃ、行くか!

★絵本☆絵本★絵本☆

〜うれしい絵本読み聞かせ〜

《聞かせ屋。けいたろう》
k-taro@kikaseya.com
↑講座や公演のご依頼はこちらからお願い致します。

坂口慶

只今アメリカで絵本読み聞かせ中!

★絵本☆絵本★絵本☆

しこたま遊んだ。

しこたま遊んだ。
しこたま遊んだ。
しこたま遊んだ。
あ〜笑った笑った。

今日は朝、日本からの助っ人ギタリスト、洋二さん到着!!

二月の大阪での共演以来の再開を喜ぶも、二人の疲れはピーク(笑)

旅の疲れと日々の疲れがアメリカで共演。

とりあえず、今日から二人で三泊する予定のホテルへチェックイン。

そして、遅めのランチへ。

よーじさん、昼からビール(笑)
まぁ時差があるから、感覚的には夜なんだけど。

ここのメキシカン、美味しくない…。

ホテルに戻って仮眠。
本気で昼寝。
三時間爆睡。

起きて、荷物を整理して、サンフランシスコへGO!GO!7188

着いた頃にはもう7時過ぎ。

「ケーブルカー終わったくさい…。」

観光名物のケーブルカー乗りたかったのに〜。

まぁいっか、で歩いていると、ホームレスがギター弾いてた。

なかなか上手い。
見ていると、よーじさんにギターを渡すじいさん。

とりあえず弾いてみるよーじさん。

じいさん缶詰を叩いてセッション。

よーじさん、渡米数時間後に、思いがけぬ初路上(笑)

笑った☆

そんなこんなで歩いていると、

「あ!ケーブルカー!」

走って追いかけて、飛び乗る。

「超気持ちイイ!!」

サイドのステップに立ち乗り。
棒に捕まってるだけ!

すれ違うケーブルカーの乗客と、肩が触れそうになる。

ひゃっほぅ!最高!!

行き先は分からないけど、終点まで乗ってみることにした。

坂道下って曲がり道。

ズイズイ進んではい、終点。

着いた所は
「フィッシャーマンズワーフ!!」

やりぃ〜♪

寒くなったので、$6で二人お揃いのマフラーを買う(笑)

フィッシャーマンズワーフは、さすがに閉店の店が多かったけど、シーフードレストランが開いてた。

「はい、超うまいクラムチャウダー!」

『お〜まさかブログで見たクラムチャウダーが食べられるとは…』

(笑)

よーじさんブログ読者です(笑)

サメのステーキも食べてみました。

ジョーズのテーマで盛り上がったものの…

特別美味しくは無かった。

終電間際、電車に飛び乗り…

ホテルでまた飲んで…☆

よーじさん爆睡。

俺も寝るぜ〜!

今、3時半です。

夜更かし久しぶり〜♪

明日は…ふふふ☆

★絵本☆絵本★絵本☆

〜うれしい絵本読み聞かせ〜

《聞かせ屋。けいたろう》
k-taro@kikaseya.com
↑講座や公演のご依頼はこちらからお願い致します。

坂口慶

只今アメリカで絵本読み聞かせ中!

★絵本☆絵本★絵本☆

リベンジ

リベンジ
めっちゃくちゃ疲れた!

もうダメだ〜!

ち〜ん。

眠い!

疲れた!!

歌いたい!!

叫びたい!!!

あ―――――――――――――――――――――――!!!!!!

思いっきり笑ってはしゃいでぶっ飛びたい!

こないだの日曜日のさくら祭りで、持っている力を出し尽くた。
それでもまだ、絵本がしっかり届いているとは思わない。

その後

月曜日
学園の隅の部屋で寝る。
午後、公園で寝る。

火曜日
朝寝坊して、学園でもひたすらダラダラする。

水曜日
アートスタジオで癒される。

んで、今日。
朝、眠すぎ。
頭ぐるぐる、胸の中ぐるぐる。

初のアメリカ、出会うもの全てが初めてで、

見つけたり
驚いたり
感動したり
挑戦したり
笑ったり
泣きそうになったり
分からなかったり
イライラしたり
美味しかったり
マズかったり
甘かったり
辛かったり
量が多かったり
意地になったり
面倒くさかったり
暑かったり
寒かったり
迷ったり
諦めかけたり
不安になったり
焦ったり
思いっきり勇気出したり…

疲れた!!

アメリカでは、一つ行動するにも、全てが初めてか、慣れてないことだから、心がゆらゆら揺れる。

緊張もするし、気ぃ張るし、気を遣う。

インプットしすぎて、アウトプットしてない。

心から色々こぼれ出しそうだ。

それに加えて今、焦りと不安がデカい。

日本語が分からないアメリカの人達に日本の読み聞かせは届くのか。

もっとやってみたい。

でも、ちょっとこわい。

路上では止められるし、さすがにはじめから大人は難しい気もしてる。

自分で売り込んで行きたいんだけれども、今は勇気もおやすみ中だ。

それが、焦る。

ちゃんと目的は達成出来るのか?
って。

なんだかこのまま停滞しそうに思う。

俺は絶対にそんなことは無いんだけど。

それは分かってるんだけど、
今はそう思う。

今も、知らない駅のホームで電車を待ってる。

来ることは分かってる。

でも、今は寒ぃ。

電車は暖かいし、空港では

ここまで書いていたら電話がかかってきた。

洋二さんが空港に着いた。

音楽プロデューサーでギタリスト。

日本からの助っ人だ。

マジで来てくれた。

電車も来た。

明後日、

見てろよアメリカ。

俺はこのままじゃ終わらんぞ。

とりあえず、

今日と明日は…

死ぬほど遊ぶ!!!!

★絵本☆絵本★絵本☆

〜うれしい絵本読み聞かせ〜

《聞かせ屋。けいたろう》
k-taro@kikaseya.com
↑講座や公演のご依頼はこちらからお願い致します。

坂口慶

只今アメリカで絵本読み聞かせ中!

★絵本☆絵本★絵本☆

アートスタジオに来ています。

アートスタジオに来ています。
アートスタジオに来ています。
なんかスゴいわ。

俺もアーティスティックに写真を撮りたくなったりして。

お〜アメリカ〜って感じ。

★絵本☆絵本★絵本☆

〜うれしい絵本読み聞かせ〜

《聞かせ屋。けいたろう》
k-taro@kikaseya.com↑講座や公演のご依頼はこちらからお願い致します。

坂口慶

只今アメリカで絵本読み聞かせ中!

★絵本☆絵本★絵本☆

サンフランシスコ店読み聞かせ詳細決定☆

サンフランシスコ店読み聞かせ詳細決定☆
4月25日(土)
紀伊国屋サンフランシスコ店(JAPANtown)での店頭読み聞かせ☆
時間が決定しました!
PM
2:30
3:30
4:30

の三回です。
もしかしたら、エクストラもあるかも♪
明日、日本のミュージシャン、Yojiさんが渡米。
サンフランシスコで奇跡のコラボレーションです。

彼は僕の絵本にどんな音楽を重ねてくれるのでしょうか☆

アメリカで聞かせ屋のいつものスタイルがみせられるなんて!
楽しみ〜!!

昨日はアイリッシュミュージックのジャムセッション♪
ウクレレで参加です☆

昨日はさくら学園でのんびりしてました〜。

★絵本☆絵本★絵本☆

〜うれしい絵本読み聞かせ〜

《聞かせ屋。けいたろう》
k-taro@kikaseya.com↑講座や公演のご依頼はこちらからお願い致します。

坂口慶

只今アメリカで絵本読み聞かせ中!

★絵本☆絵本★絵本☆

ジャパニーズ習字Kanban!!

ジャパニーズ習字Kanban!!
ジャパニーズ習字Kanban!!
ジャパニーズ習字Kanban!!
アメリカ用に看板作ったぜ!

さくら学園で朝9時から習字道具出して、一人黙々と。

今、お昼ご飯に日本食屋で寿司食べた。
醤油超うまい。
まだ醤油を味わいたくて、ワサビを醤油につけて食べてたら、ツーンとした。

これからバートっていう電車でサンフランシスコへ。

来週末に行われるさくら祭っていうのに出たいから、売り込んで来ます。

ついでに路上もやってきます☆

ぶっ飛んでアメリカ

ぶっ飛んでアメリカ
ぶっ飛んでアメリカ
ぶっ飛んでアメリカ
今日は、合気道を体験して来ました〜☆
学園の生徒のパパが教えている所へ。

僕は少林寺拳法現役(サボり魔)なので、相手の崩し方とか、楽しかったです☆

写真でぶん投げられてるの、僕です。

その後は、ショーンさんの家でバーベキュー。美味しかった〜☆

明日は昼まで寝て曜日♪

100%中の100%ぉ〜!

100%中の100%ぉ〜!
こっちは、食べ物屋で出る料理の量が多い。

スーパーの食料品だって、ジャンボサイズだ。

さっき、ニックと牛乳を買いにスーパーへ行ったけど、

『石油か!!』

と突っ込みたくなる量なのだ。

アイスクリームだってバケツサイズだ。

時々、コントかと思う。

100%グレープフルーツジュースを買おうとしたら、500mlなんて無くて、結局1ガロン(1.6Lかな?)買った。

んで、家帰って来て飲んだら

オレンジジュースだった。

ち〜ん。

絵が似すぎ!

★絵本☆絵本★絵本☆

〜うれしい絵本読み聞かせ〜

《聞かせ屋。けいたろう》
k-taro@kikaseya.com↑講座や公演のご依頼はこちらからお願い致します。

坂口慶

只今アメリカで絵本読み聞かせ中!

★絵本☆絵本★絵本☆

本日ハ閉店ナリ。

本日ハ閉店ナリ。
本日ハ閉店ナリ。
昨日、頭をフル回転させた結果、
今日は頭が回りません。

昼から公園で生活しています。

Mr.Childrenを聞きながら、
寝て、
起きて、
歌ってます。

夏のような暑さなので、シャツをぶん投げて、水も浴びてみました。

【店主不在のため、本日は休業とさせて頂きます。

聞かせ屋。】

★絵本☆絵本★絵本☆

うれしい絵本読み聞かせ

《聞かせ屋。けいたろう》

只今アメリカで絵本の読み聞かせ中。

坂口慶

★絵本☆絵本★絵本☆

俺が日本の聞かせ屋だ!!

俺が日本の聞かせ屋だ!!
俺が日本の聞かせ屋だ!!
俺が日本の聞かせ屋だ!!
終わった…。

まじで疲れた…。

めっっっっちゃくちゃ
がんばった!!

4月にして、がんばったオブザイヤーにノミネートだ。

終わった瞬間、熱出そうだったぜ。

知恵熱。

だって、日本語分からないお客さん達だから。
その場の空気に合わない絵本選んだら、一瞬で終わる。

常にギリギリの攻防だったぜ。

♪ぎぃ〜リ〜ギリ〜まぁ〜で〜がんばぁ〜って〜!

一冊目で心をつかまないと、盛り返し不可能だし。

つかみはOK!
にしないと、その後誰も見てくれない。

シビアだぜ。

四回目のステージは、子ども達が集まってくれて、助かった。

日本語の分からない女の人が
[めっきらもっきらどおんどん]
をじっと見ていてくれたのは驚いた。

目が絵本から離れなかった。

すごいな、あの雑踏の中で。

日本語分からんのに。

日本の絵本、すごい。

誇れるわ。

ステージの合間の時間も、子ども達は俺の絵本を見てる。

写真の子どもに
[しゅっしゅっぽっぽ]by教育画劇
を読んであげると…

「しゅっしゅっぽっぽしゅっしゅっぽっぽ
ぽっぽ〜」

『shyu shyu poppo!』

うわぁ!

言ってる!!

俺の真似して言ってる!

やったぜ。

日本の擬音は世界に通ず☆

やったぜ、擬音研究家後路先生!

証明したったぜ。

イェーイ!!

その後も、
せなけいこさんの、
[ねないこだれだ]
と代わりばんこに、

読んで!

読んで!!
↑言わないけど(笑)

って
そればっかり!!

日本の子どもと変わらん☆

あ〜疲れた!!

はぁ〜。

ふぅ〜。

そんな、
グレイトな一日が、
もうすぐ終わる。

そして、
グレイトな知らせを、
一つ。

来週、
I'll be back.

しかも、
来週は、
ギターのBGM付き!

そう、
日本からギタリストが渡米!

大阪のイベントで一緒になったミュージシャン、YOJIさんが来てくれる!

一緒にやろうとは言っていたものの…

まさかのアメリカでの合体!

そして、フレーベル館のみなさま〜♪

取材OK出ましたよん☆

日本の保育雑誌、
月刊Nocco(ノッコ)にきっと載ることでしょう♪

よしっ!

やれる!

絵本日本代表!

俺が日本の聞かせ屋だ!

★絵本☆絵本★絵本☆

うれしい絵本読み聞かせ

《聞かせ屋。けいたろう》

只今アメリカで絵本の読み聞かせ中。

坂口慶

★絵本☆絵本★絵本☆

悪そなやつはだいたい友達。

悪そなやつはだいたい友達。
悪そなやつはだいたい友達。
休憩から帰って来たら、イスがしっちゃかめっちゃかになって、持っていかれてた(笑)

笑った。

店長さんと二人で、

『これは予想してなかった(笑)』

って、笑った。

休憩所になってるとは思ったけど、予想を超えて無法地帯になってた(笑)

まぁ、
悪そうな奴は大体友達だけど。

やべぇ。

あと30分で最終回、できんのかな(笑)

★絵本☆絵本★絵本☆

うれしい絵本読み聞かせ

《聞かせ屋。けいたろう》

只今アメリカで絵本の読み聞かせ中。

坂口慶

★絵本☆絵本★絵本☆

二度の読み聞かせが終わりました☆

二度の読み聞かせが終わりました☆
二度の読み聞かせが終わりました☆
二度の読み聞かせが終わりました☆
びっくりしました。

僕が日本から来ていることが、日本人のお母さんの間で噂になっているらしく、見に来てくれる人がいました♪

びっくり☆

ステージの合間の時間は、日本の絵本を自由に見てもらっています。
休憩場所としても人気です☆

一回目は長すぎたけど、二回目はGood!
大きな拍手をもらって、ちょっと感動しちゃいました。

ステージの前には、隣の出店の兄さんが、トランプマジックをして、客引きをしてくれました☆

ナイスコンビです♪

★絵本☆絵本★絵本☆

うれしい絵本読み聞かせ

《聞かせ屋。けいたろう》

只今アメリカで絵本の読み聞かせ中。

坂口慶

★絵本☆絵本★絵本☆

ストーリーテーリングat紀伊国屋書店サンフランシスコ店

ストーリーテーリングat紀伊国屋書店サンフランシスコ店
ストーリーテーリングat紀伊国屋書店サンフランシスコ店
もうすぐ、始まります☆

緊張する。

わくわくする☆

アメリカお話会の先人にお会いしました。

アメリカお話会の先人にお会いしました。
藤田浩子さんです。
1995年から、日本の語りを、日本語そのままにアメリカの人々に広めている。

僕が来たこの4月に渡米されていたことに、驚きました。

またまたこんな出会いに恵まれて、一夜明けた今日は、自分がステージです。

これから、サンフランシスコのジャパンタウンで行われるビッグイベント
『さくら祭り』
に出演して来ます!

★絵本☆絵本★絵本☆

うれしい絵本読み聞かせ

《聞かせ屋。けいたろう》

只今アメリカで絵本の読み聞かせ中。

坂口慶

★絵本☆絵本★絵本☆

路上でやったらおこられた②

路上でやったらおこられた②
路上でやったらおこられた②
路上でやったらおこられた②
今日は、昼にさくら学園を出発して、フィッシャーマンズワーフという観光名所に行ってみた。

絵本読みに。

バートに乗って、サンフランシスコのエンバルカデオ(←読めない)へ。
降りたところから、何かに乗らないと、ワーフへは行けない。

右も左も分からないので聞く。

そしたら、右でも左でもなく、上だった。
地上へ。

バスの停留所を見ても、よく分からんので、また聞く。

すると、あっちだと言う。
何やら色々教えてくれたが、あっちだということしか分からんかった。

そしたら路面電車があった。

一応確認すると、大丈夫そうだ。

着いた。

ここは、言わばオシャレなショッピング港。
お腹が減ったのでまずは、名物のクラムチャウダーを食べる。

めちゃくちゃうまい。

そして、読む場所を探す。

ちょっと歩くと、ストリートパフォーマーがわんさか並んでる。

しかも超レベル高ぇ。

全身銀色のロボットマンやらスプレーアート、人形パントマイム。

奴ら、日本でやったら相当稼げるぜ。

その列に紛れて、ホームレスがヴァイオリンの弾き真似してた。
多分拾ったヴァイオリンで。

ものごいするより頭良いな。
誰も見てなかったけど(笑)

場所はもう無い。
きっとすごい争いなのだろう。

ちょっと戻ってワーフのベンチ近くへ。

ここだけ誰もやっていないということは…

多分禁止なのだろう。若干おこられる予感がする。

でも、ここしかないので、やった。

緑と家族連れが多くて、前回よりは気持ちが楽だった。

読み始めた。

アメリカで二度目の路上。

すると、

子どもが時々立ち止まる。

『Picture book ! 』

声が聞こえる。

子どもに手を引かれて、ママも微笑んでる。

でも、時に聞こえるのは

『I don't understand . 』

時々馬鹿にするような笑い顔も通る。

さすがに悔しかったけど、
やっぱり絵本が救ってくれた。

読みなれた絵本は、
「めっきらもっきらどおんどん」

それを読んでいると、

かんたが、
もんもんびゃっこが
しっかかもっかかが
おたからまんちんが

自分と一緒に居るようだった。

アメリカまで、一緒に来てくれたみたいだった。

いかん、
書いてたら、何か知らんが泣きそうになってきた。

そうして、
日本の時と同じように胸はって、

大きく股開いて、

イイ声で読めた。

その自信が伝わったのか、通る人達もにこやかに見ている。

時々、立ち止まって数ページ見ていく人達も出てきた。

立ち止まりはしないものの、皆、俺と絵本を見て、優しく笑ってる。

あの時と同じだ。

日本で初めて路上でやった時と。

止まりはしなくても、笑顔で通りすぎてくれている。

同じだ。

絵本へのまなざしは同じだ。

そう確信を持って、
日米共通の絵本の王様
「かいじゅうたちのいるところ」
を読んだ。

すると、

二人の人がじっと見てる。

日本人だ☆

二人の目もあって、本来の俺の路上が出来た。

お二人はずっとこちらに住んでいるという。

『頑張ってほしい!』

と言ってくれた。

嬉しかった。

嬉しかったわ〜☆

よっしゃ!
と思って読んでると…、

『向こうでやりなさい。』

おー女性ポリス。

俺、間違えて

「サンキュー。」

って言った。

「アイムソーリー」

って言い直した。

そんな感じで、
やっぱり今日もおこられた。

でも、

やっぱり路上は最高だぜ。

ニンニクパーティー2000円

ニンニクパーティー2000円
ニンニクパーティー2000円
ニンニクパーティー2000円
朝、ブレーキの壊れた自転車で出発。

商店街のおばちゃん乗りで蹴って進む。

まずはハシエンダのモールの本屋でお話会を見るのだ!

絵本売り場は超素敵。

良い絵本いっぱい♪
あ〜、輸入してぇ。
翻訳されたら日本でも好まれそうなのいっぱいあるわ。

いつか、そんな仕事やりたいなぁ☆
絵本の買い付けか、輸入本の選書。
なんであれが日本に来ていて、これが来てないの〜?
って、思います。

そうこうしているうちに、時間より8分遅れておばちゃん登場。

持ってるのは売場の絵本。
同じシリーズを二つ読むらしい…が。
今、目の前にいる子ども達相手で?

絵本を上からのぞいて、ひたすら文を読んでるだけ。
子ども達の方なんか見ないし。

当番が回ってきただけか?

見に来てる子ども達は?
どうでもいいのかい?

ほら、子どもは正直だね〜☆

俺も正直だから。
帰ろ〜♪

お腹が空いたので、イタリアンへ。

「お!PASTAって書いてある〜!」

入った。

あ。

やばい。

出ようかな?

とってもお上品だ。

遅かった。

「一人です。」

「ボンゴレありますか?」

『?』

「あ〜…ガーリックぅ…。わからん。」

『???』

そうこうしていると、自分で好きにトッピングできるメニューを持って来てくれた。

とりあえずボンゴレ風味に。
と思って、ガーリックにも丸つけたら…。

「うぉい!どんだけ〜!?皿の上がニンニクパーティーだよ!」

これを食べたら、正午にして一日が終了する。

思いっきり残した。

んで、

お会計は…

ち〜ん。

やっぱり$20(笑)

おー真っ昼間っから2000円!!

ワンダホープライス!

でも、シーザーサラダめっちゃうまかったから、オッケー♪

その後、チャリンコ屋へ。

「クッジューリペアブレーキシステム?
ほら、ここ、スカスカ。」

『Ya』

なおった。
一瞬だった。

「ThankYou!またね〜!」

こうして、俺のチャリンコの旅はつづく。

『絵本は全ての世代へ!』byモニカおばちゃん

『絵本は全ての世代へ!』byモニカおばちゃん
『絵本は全ての世代へ!』byモニカおばちゃん
昨日から、自転車生活が始まった!

学園の先生の家のを借りた。

図書館までビューン!

朝の親子タイムを見た。
おもろいおばちゃんが、大げさなアクションで手遊びや、体遊びをやってる。
乳児連れの母子が膝に子どもを乗せて、楽しんでた。

「俺、日本の保育士で、ストーリーテラーなんスよ。」

と言うと、
めちゃくちゃ喜んでた。

『わたしゃこの図書館で30年これやってるのよ!来てくれて本当にありがとう!』

って、多分言ってた。

エキサイトしすぎて、目が飛び出しそうだった。

んで、自分が載ってる新聞も見せた。

「俺は、子どもだけでなく、大人に絵本届けたいんスよ。」

と言うと、

思いっきり頷いて、
『そう、私もそう思ってる。絵本は、子どもだけじゃなく、大人も、老人も、全ての世代の人へ。』

って言った。

これは多分じゃなくて、翻訳ばっちりだわ。

思いっきり意気投合した。

このおばちゃん、名前はモニカと言う。

白髪混じりのモニカちゃんだ。

俺もここで読みたいと言うと、来月ファミリーイベントがあるから、担当の番号を教えてくれた。

「でも、俺、英語話せないから〜」

と言うと、

モニカちゃんが連絡してくれると言う。

また来るわと言ってBye-byeすると、

別れた直後にそこらへんの母ちゃんに俺のこと話してた。

『あなた!あの子日本のストーリーテラーなんだって!!』

相当嬉しかったらしい。

なんやかんやで、学園に帰って、車で家に帰る。

さぁ、明日は何しようかな〜!?

車からチャリンコを降ろすと…

パチン!

あ…。

ブレーキのワイヤーが外れた。

ちーん。

自転車屋…

明日の予定、決定!!

ぼくのアメリカにっき②

Pa0_0049

4月8日(水)

朝、AMADOR VALLEY HIGH SCHOOLに行きました。

選択科目の日本語の授業をまるまるやりました。

日本が大好きな生徒にとって、日本の絵本は最高みたい☆

その足で、昨日JAZZセッションで出会った先生の保育園へ。

半日、部分実習のような感じでした。

アメリカの子ども達とたくさん遊びました。

ウクレレで「しあわせならてをたたこう」と、「きらきら星」を歌いました♪

とっても素敵な保育園でした☆

4月9日(木)

夕方、ジェイク・シマブクロのライブに出かけました。

ちょっと遠い、サンタクルーズという街でした。

開場前にぶらぶらしていると、ジェイクさんが出てきました。

放心状態になりながら、ウクレレにサインをしてもらいました。

その後のライブも最高でした。

日本の曲「さくらさくら」をウクレレで弾く前に、

『I like sushi…tennpura, I like JAPAN!』と言ってくれたので、

「ありがとーーーー!!」

と叫びました。

ジェイク、『アリガトウ』と言って笑ってました。

4月10日(金)

昼まで寝てました。

15時にさくら学園へ。

生徒のジャスティーンにヴァイオリンを持ってきてもらっていたので、ウクレレとセッションしました。

今度、さくら学園で行われるイベントの練習です。

夜にはRONも来て、皆で外食をしました。

4月11日(土)

合気道大東流の練習に参加しました。

道着も借りて、マジでやりました。

少林寺拳法のおかげで受身はとれるので、楽しかったです。

夜は皆でバーベキューをしました。

美味しくて、超楽しかったです☆

4月12日(日)

15時に小学校前で待ち合わせ。

ハワイアンスクールのウクレレのレッスンに連れて行ってもらいました。

初めてのハワイアンでしたが、ノリノリでおもろかったです。

夜はエレファントバーというレストランで、海老をたらふく食べました。

4月13日(月)

朝、アメリカ用の看板を作りました。

習字で名前を書いて、今までの看板にはったのです。

あと、おさいせん箱もつくりました。

お昼は日本料理やでSushiランチを食べました。

めっちゃんこ美味しかったです。

そして、バートに乗ってサンフランシスコへ。

週末のさくら祭りへの出演交渉をしました。

その後、駅前で初の路上を試みましたが、

おこられっぱなしでした。

おこった警備員が良い人だったので、仲良くなって、ノリで写真までとりました。

通行人爆笑でした。

めちゃくちゃおもしろかったです。

最高です。

やっぱし路上最高。

読めてないけど出会いが最高。

4月14日(火)

湖に広大な景色を見に行きました。

ほっかいどうよりでっかいどうでした。

風が強すぎて、ボートに乗れませんでした。

風車も見ました。

風車は

「よっしゃ!来たぜ!!」

という感じで思いっきり回っていました。

夜はJAZZセッション。

ギターにバンジョーにベースに洗面器ベース、総勢13人アドリブで二時間、ウクレレ弾きっぱなし。

ほとんど3コードを弾いてるだけですが、さすがに上達した気がします。

そんな感じで、もりもりもりだくさんの1weekでした♪

さくら祭り出演決定!

さくら祭り出演決定!
さくら祭り出演決定!
昨日は、湖に行きました。
とーても大きくて、緑がいっぱいで、気持ちよかった〜!

でも、寒かった〜!!

風が強すぎて、ボートに乗れませんでした。あんな寒くて、転覆したら遭難するわ。

そして、夜はジャムセッション。
今週は、ブルーグラスジャズ。
なんだかよく分からんが、12人のおっちゃんの中に、ウクレレ一本飛び込みました♪
二時間ぶっ続けでジャムる(笑)
ほとんどの曲がスリーコードなので、けっこうアドリブでやれます♪

そうそう、
一昨日売り込んだ、日本町のさくら祭り、出演が決定しました!!

紀伊国屋書店サンフランシスコ店の前でやります。

時間は、
12時〜
13時〜
15時〜
16時〜
の四回。

みんな来てね!(笑)

さくら学園にさくら祭り、『桜』には本当に素敵な縁をもらっています。

と、ゆーわけで、

こんな感じで、道は切り開かれて行くのです。

アメリカでも☆

今です、

たった今です、

明日を変えるのは君のたった今!!

ってほら、GAKU-MCさんも桜井さんも、歌で応援してくれてる。

たくさんの桜に応援してもらってる☆

7500円か75円。

7500円か75円。
間違えた。

75ドルじゃなくて、75セントだった(笑)

これ、朝、頑張って作ったお賽銭箱。
警備員は、これを見て、仲良くしてくれたのだ。

路上でやったらおこられた。

路上でやったらおこられた。
路上でやったらおこられた。

今、ステイしているダブリン市からサンフランシスコへは、バートという電車で45分。
お決まりのごとく一度乗り過ごしたりしながら、サンフランシスコの新宿、パウエルって駅に着きました。

そこからバスに乗って、ジャパンタウン(日本町)へ。
バス、次の停留所のアナウンスが聞きとれないから、通りすぎないかように必死で窓を見ます。

でも、やっぱり通りすぎた。

歩いて戻って、日本町へ。

桜、もう散っとるがね。

紀伊国屋書店へ売り込み。

日本人の男の人だったので、感触はGood。
でも、店長がいないので、明日電話してくれという。

さくら祭りは次の土日。出演なるか!?

日本町は、平日は人が少ない。
読もうかと思ったけど、かわいそうな人になりそうだったので、やめとく。

日本人に、
「僕はパフォーマーなので、ストリートミュージシャンがたくさん居るところを教えてください。」

と聞こうと思って話しかけたら、日本人じゃなかった。

なんとなく、気まずい雰囲気になってしまったので、駅への道を聞いておく。

…知ってるけど。

バスで駅前へ着いて、ウロウロ。
アメリカの路上に絵本を広げるには、さすがに勇気がいる。

でも、やらなきゃしょうがないので、やった。

場所は、アメリカっぽい女の人の写真の前。絵本を広げていると、デカい人に話しかけられた。

『俺はジャパンのムービーが好きなんだ。アキラクロサワなんかGoodだね。』

みたいな事を、多分言ってた。
なんかしらんが握手した。

がんばれよ〜みたいに$75入れてくれた。

ねずみくんのチョッキを読んで、めっきらもっきらどおんどんを読んだ。

通りかかったホームレスが、爆笑した。
馬鹿にされてるっぽかったけど、俺も笑っちゃった。

女の人に、
『English ! ! 』
って怒鳴られた。
日本が嫌いか?

むしろ声を大にしてやった☆

そうこうしていると、女性の警備員らしき人が来た。

『ここは扉の前だから、あっちの閉まってる花屋の前でやりなさい。』

とか多分言ってる。

移動して、花屋の前に広げていると…

『ここは店の前だからダメだ。』

別のデカい黒人警備員が言う。

確かに思いっきりアディダスの前だ。

「でも、あの女の人OKって言った!」

『でもダメ〜!』

片付けていると、おさいせん箱のメッセージを読んで、また話しかけて来た。

『なんだ?お前日本に帰るのか?』

「うん。来月に。」

『ここはダメだが、あっちならいい。あっちでやれ。こっちでも良いぞ。
そうだ、こっちの方が人が通る。』

地図まで見せて、優しくしてくれた。

んで、握手まで求めてくれたので、
その流れで一緒に写真を撮った(笑)

『good luck ! ! 』

その後、言われた通りに一駅歩いてモンゴメリーへ。

銀行の前でやったら、やっぱりおこられた。

ちーん。

帰ろ。

乗り過ごした。

乗り過ごした。
ほら、アメリカでもやった…。

寝て起きて音楽にノリすぎて、乗り過ごし。

戻るか。

言葉とウクレレ合気道

言葉とウクレレ合気道
今日は、ハワイアンな音楽スクールのウクレレレッスンに参加させてもらって来ました♪


昨日の合気道も、今日のウクレレも、始まってしまえば言葉は関係ないのです。


いまだに英語はチンチロリンの僕ですが、一緒に好きなことをしている人達と目が合うと、ニコニコ笑います。


その時間が終わると、今までたくさん会話をしていたような気になります。


目を合わせて、時々笑っただけだけど。


そう言えば、子どももそうだ。
話すわけではなくても、近くで同じように楽しいことしている。
すると、帰りの時間には、なんとなく仲良くなってる。


そんなことを言って、今日も英語の勉強をさぼる。


まいこママ、なつみママありがと〜☆


今日は素敵な看板が出来ました。
書いてくれた。
優しいね☆
ありがとう。


明日は、路上をやってみようと思います。


おやすみ☆

誰もおらん。

誰もおらん。
見渡す限り、誰も歩いていない日曜日。

今日はこれから、ウクレレスクールに行ってきます♪

その前に昼御飯を買いにいこうかと思って、歩いてるのだけど…
いかん。

遠すぎるわ。

あ〜空が青い。

あ〜空が青い。
あ〜空が青い。
ふつーに馬がいる暮らしinUSA。

学園の生徒の家の近く。

AMADOR VALLEY HIGH SCHOOL 4/8

Pa0_0046_2

Pa0_0045

Pa0_0043_3

こんな感じでした。

ハイスクールの選択授業、「日本語」の時間です。

皆、日本のことが大好きな子達。

部屋に入るだけで嬉しくなるんだ。

習字や手書きのポスターや、日本のポスターや、千羽鶴、

日本の国旗が、所狭しと並んでる。

皆大好きなんだって。日本が。

逆に、

日本人はこんなに日本のこと好きかな?

俺は大きなこと言えないけど、もっと好きになっても良いんじゃないかな?

って思った。

「好き」って思えないのであれば、一度、皆にも外へ出て欲しい。

連れて行ってあげたいよ。

この教室に。

理由は分からないけど、泣きそうになるから。

この教室だけでなく、前の高校もそうだったよ。

もっと、日本の魅力を感じるべきなのかもしれないな。

そして、誇りに思うべきなのかも。

もっと、日本のことを見たい、知りたいと思いました。

そんな中で、皆は俺に興味深深、ウェルカム全開。

お互いの自己紹介と、質問タイムの後、絵本を読みました。

皆、少し、日本語は分かる。小学生低学年程度かな。

絵本を見る目は、写真のとおりです。

レポートを書こうと思って、今もPCに向かっているけど…

書く気がしないな。

書いたら軽くなりそうだ。

写真が全て語ってるよね。

だから、これでおしまい!!

届いてるでしょ?

絵本は世界に。

Thank you Ron-familyマタネ!

Thank you Ron-familyマタネ!
Thank you Ron-familyマタネ!
Thank you Ron-familyマタネ!
昨晩が、Ron宅での最後の夜でした。
アメリカに来て、初めての10日間、Ronが色々ヘルプしてくれて良かった。

おかげで安心して過ごせました。

すごく忙しい中で、学園への送り迎えと、観光もこなしてくれて。

ロンは日本が大好きだ。
ゲームにアニメに音楽に、寿司に映画にウルトラマン。

日本語を勉強したいけど、忙しくて、学園には通えない。
だから、二人の車内は個人レッスン状態だ。

『ケイサン、ニホンゴデハドウイイマスカ?』

「う〜ん、食べに行きましょうか?かなぁ」

『タベニイキマショウカ。けいさん、たべにいきましょか?』

「オッケー!Goodジャパニーズ!!」

「マイイングリッシュオッケー?」

『はい、イイデスネ!』

みたいな、繰り返し。

お互いにそんなことをやってるから、お互いに先生で、生徒。
もちろん年上だけど、可愛い教え子な時もあったりする(笑)
だって、すごく一生懸命なんだもん。
逆に俺は、サボりがちで、自由な生徒です。

そんな感じ。

昨日は犬の散歩に行って、デカいかたつむりふんじゃった。

そんな感じ。

四日目にして、シャンプーで体を洗ってたことに気が付く。

そんな感じ。

朝、小学生のシャンが歌いながらトイレにこもるので、

「シャン!イッツマイターン!!(俺の番だ!)」

と言うと、

『OK…broken』

と言って出てきた。

見たら、トイレが詰まってた。

「おい!ブロークンじゃなくて自分でスッポンやれ!!」

…スッポン。

ジャー。

なんで俺がやるんだ…

そんな感じでした。

マタネ!!

Jakeと握手!ウクレレにサインしてもらった!

Jakeと握手!ウクレレにサインしてもらった!
Jakeと握手!ウクレレにサインしてもらった!
こっちは、今14時です。

今日は昼まで寝てました。

昨日はスーパーサプライズなことがありました。

サンタクルーズという所でのジェイク・シマブクロのライブ!

早めに着いて、会場前を通ったら!!

「ジェイクさん!!」

『ハイ!』

びっくりしすぎて、放心状態になりました(笑)

何を話したか覚えてないけど、去年日本で二回見たこと、ジェイクのDVDを見て練習していることは伝えました。

そして、持ってきていたウクレレにサインをしてもらいました☆

ウクレレを出した勢いで、ジェイクのDVDで練習しているフレーズを弾きました(笑)

『Good!君もうまいじゃないか!』

と言ってくれていたそうです☆

何度も自分から手を差し出して握手をしてくれたジェイク。

俺もそういう人になりたいです。

まさかのジェイク・シマブクロLIVE!

まさかのジェイク・シマブクロLIVE!
もうすぐ奇跡のジェイクシマブクロliveです!

まさか!
のカルフォルニアツアー中!

俺、会ったら泣きそう。

つーか、アメリカ来てから嬉しいことありすぎて毎日泣きそう。

My name is Kei!

My name is Kei!
My name is Kei!
昨日、またハイスクールでやった。

日本からのゲストだってことで、授業時間1コマ丸まるもらっちゃった。

あとは写真が語ってるとおりね☆

最高だったよ!

アメリカで奇跡のJAZZセッション!!

アメリカで奇跡のJAZZセッション!!
アメリカで奇跡のJAZZセッション!!
あまりに良い出会いに恵まれて、信じられない。

今日は、午前中、次の次のホームステイ先のデボラさんに会う。

4月後半二週間なら、Welcomeということだった☆
イェイ!

さくら学園で絵本を読んだあと、図書館へ。
話には聞いていたが、遠い(笑)
片道20分くらい歩いた。

着くとまず、Jazzのチラシが貼ってあった。毎週火曜日、jamって書いてある。

「ライブか?

わからない。

そんなことをしていたら、さくら学園のお母さんが来た。

「え?歩いてきたんですか!?」

帰りは乗せて行ってもらえることになった。なんてグッドなタイミングなんだ☆

図書館のストーリーテーリングタイムをチェックして、おっさんに絵本はいつだか聞く。

スケジュールに丸をして教えてくれた。

「俺は日本のストーリーテラーなんだ。俺も読ませてくれ。」

って言った。つもり。

するとおっさん、どこかに電話してくれた。

…出なかったらしく、ここへかけろとナンバーをくれた。
かけたところで話せないので、読み聞かせの時間にまた来ることにする。

さくら学園に帰って、ジャズのチラシのことを話すと、一人の先生が、連れていってくれると言う。

つーか、なんという偶然だろうか、

会場は、4日のイベントで絵本を読んだ場所だった(笑)

行くと、11人でのjamセッションだった。

年齢は様々、楽器も様々。
ギターにバンジョーにマンドリン、ヴァイオリン、名前も分からない弦楽器もあった。

そして、俺、ウクレレ。

自己紹介すると、Welcomeしてくれた。

そこから無我夢中で二時間のセッション。

順番に、楽譜からやりたい曲をリクエストして、11人全員で演奏する。

曲は、アイリッシュが中心だ。

「kei!」

リーダーらしきヴァイオリンの女性が、楽譜を見せてくれた。

そうして、俺がリクエストする番に。

「It's your turn! 」

「俺!?No!」

「いいから!←みたいな英語。」

つーか弾けないから!
と思いながら、あれやった。

あれ。

「しあわせならてをたたこう♪」

皆ニッコリ笑った☆

ギターもヴァイオリンも皆、即興で合わせてくれた。

なんかわかんないけど、また泣きそうになっちゃった。

「Goooooood!YEAR!」

皆笑ってくれて、超盛り上がった。

そんなこんなで二時間。

もう21時。

俺、車無くて帰れない。

そしたら、リーダーらしい女性が乗せて行ってくれるって。

車中、俺が保育士だったことを話すと…

「me too!」

うそだ〜!!

なんてこったい!!

そんなこと…信じられないサプライズだった。

ということで、
明日の午後に彼女の保育園で、読み聞かせして来ます(笑)

ぼくのアメリカにっき①

Pa0_0102

2009年4月1日(水)

ぼくは、アメリカに来ました。

なぜ4月1日かというと、はたらいていた保育園が、3月31日までのきんむだったからです。

やめた次の日にアメリカに行っちゃうという、とんでもない4月ばかです。

にほんから9時間半、ひこうきに乗りました。

となりの席がいなかったので、横向きUの字になってねました。

くうこうに着いて、さっそく入国手続きです。

とりあえず、YES!と言いました。

OKです。

出ると、だれもむかえに来ていませんでした。

とりあえず、こうちゃを飲みました。

待っていると、RONさんが来ました。

そして、その後、車でサンフランシスコを見て周って、学校の子どもをむかえに行ったあと、家に着きました。

こうして、ぼくのアメリカははじまったのでした。

4月2日(木)

朝、起きて、ピートコーヒーに連れて行かれました。

すると、日本語学校さくら学園の校長先生のサチさんが来ました。

久しぶりでした。

そのまま学校へ行くと、先生達は皆、僕のことを知っていて、さっそく授業に入りました。

絵本も読みました。

その後、4日に行われるJAPAN POPというイベント会場の下見に行きました。

教会です。

教会の人と英語で話して、テンション上がりました。

ほとんど何言ってるか分かりませんでした。

4月3日(金)

さくら学園の佳子先生が受け持っている日本語の授業時間を借りて、読み聞かせをしました。サンマテオ市のアレゴンハイスクールです。

僕のフィールドは路上ということで、屋外で読みました。

大喝采でした。

日本の絵本が届いたことを思うと、涙が出そうになって、目を閉じました。

その後RONに連れられて、サンフランシスコに行きました。

フィッシャーマンズなんたらです。

クラムチャウダーが美味しかったです。

4月4日(土)

いよいよ、JAPANESE POPです。

ダブリン市とさくら学園の合同イベント。

メインアクトは僕でした。

≪聞かせ屋。けいたろう≫fromJAPAN

です。

日本の絵本で30分、

ウクレレでも歌いました。

一言で言えば、

「日本と変わらなかったです。」

アメリカに来て良かった☆

4月5日(日)

朝からRONに連れられて、サンフランシスコへ。

チャイナタウンで朝食をとりましたが、

僕は疲れていて、さすがに機嫌が悪かったです(笑)

その後、ゴールデンゲートブリッジと、くねくね坂道へ。

機嫌は回復。

とってもエンジョイしました。

そして、日本街で日本のDVDを見たり、CDを見たりしました。

4月6日(月)

学校の近くのショッピングモールへ行きました。

歩いて行ってアメリカンスタイルの洋服を買い揃えました。

買いすぎました。

こっちは昼はものすごい日差しで、夏のようです。

僕もアメリカンになろうと思いました。

4月7日(火)

早速Tシャツハーフパンツで学校へ行きました。

アメリカンスタイルです。

朝はとっても寒いのですが、昼になれば、大丈夫!

雨が降ってきました。

「あれ?気温は?」

『雨の日はこのままよ。』

ちーん。

家で何をしてるのか

家で何をしてるのか
家で何をしてるのか
ステイしているRonさん家、小学生のシャン♂と中学生のブレンドン♂と高校生のイザベラ♀がいる。

ロンをはじめとして、男達はTVが大好きだ。

日本のアニメも大好きだ。
幽☆遊☆白書はテンション上がった(笑)

そして、Wiiも大好きだ。

今日の夜は、シャンとwii fitで対戦した。

バランス対決に、腕立て伏せ対決までして、二人で笑った☆

あ〜今日も楽しかった!

一日が一瞬で通りすぎた気がする。

びゅ〜ん!!

ダブルチーズバーガー(NOチーズ)

ダブルチーズバーガー(NOチーズ)
今、ショッピングモールで買い物しちゃったぜ☆

アウトレットのショップだったから、安い!シャツが$20でした♪

ハーフパンツ、ビーチサンダル、靴下、トランクス2枚にシャツ3枚、ヘアワックスとトリートメントを買いました。

言葉がギリギリなショッピング面白かった〜☆

髪の毛、乾かすときにつけるトリートメントを説明するのが楽しかった(笑)

「シャンプーじゃぁ〜コンディショナーシャワーでじゃあ〜ドライヤ〜が〜!ディスタイム!!しゅっしゅっ!」

とか言って。

50%OFFかと思ったら、二枚目のシャツが半額になるセールで、無駄に多く買いました(笑)

んで、マックに行ったら、セットの方が安いとか言われて、ことの成り行きで、チーズ抜きのダブルチーズバーガーセットになりました(笑)

太陽とシスコムーン

太陽とシスコムーン
太陽とシスコムーン
太陽とシスコムーン
今日(5日)は日曜日。
ホームステイ先のRonと一緒にサンフランシスコ観光☆

サンフランシスコは、今ステイしているダブリン市から、車で一時間位。
まず、チャイナタウンで朝ごはん。

次に、サンフランシスコ名物、ゴールデンゲートブリッジへ!

でっかい!!

そして、これまた名物くねくね道へ。
いろは坂より短いスパンで、超クネクネ。

急な坂道クネクネ。

RONが、
「日本語では何て言うんだ?」

と聞くので、

「くねくねみちだ。」

って教えた。

サンフランシスコは坂道だらけ。
コントのように斜め。

その後は日本町へ。

日本のものが揃う街。玩具屋、ビデオ屋、服屋。
紀伊国屋はそのまま日本の本が並んでる。
日本に居るみたい。
ビデオ屋にドラゴンボールのDVDがあった。

「エピソード3…780min?
あほだ、あほDVD だ。
フリーザとの戦い33話全部入ってる(笑)
んで、50ドル→約5000円。安っ!
でも、オフィシャルらしい。」

CD屋は…数年前のCDがひたすら並べてある。ジャンルもめちゃめちゃ。
シングルCDの棚もある。

ちょっと…

ちょっと!ちょっと!

「鈴木あみ…はまぁ許そう。
でも、太陽とシスコムーンって…」

オヤジ…ボロ儲け狙うのも大概にしろ!

突っ込み所満載の日本町でした。

★☆日米絵本同盟☆★

★☆日米絵本同盟☆★
★☆日米絵本同盟☆★
昨日は、San mateoというところの、Aragonhigh-schoolで読み聞かせ☆

日本で言うところの、高校の英語の時間。
部屋には、日本地図や、日本の国旗、PUFFYのポスターなんかがあった。
生徒は、ちょっとだけ、日本語を話せる。

今日のゲストということで紹介してもらって、質問タイム。

「どこにすんでいますか?」

「しごとはなんですか?」

から、

「たべものはすきですか?」

「てんぷらはいくらですか?」

まで。

その後、芝生の上で読み聞かせ!

一つ目のクラスでは…

多分、スベった(笑)
反応がイマイチだった。
おそらく、一冊目の
[おおきなかぶ]が、幼すぎたな。
うんとこしょって言葉の響きがおもしろいかと思ったんだけど…。

気を取り直して、二クラス目。

いきなり大型絵本の
[ねずみくんのチョッキ] で、つかみはOK!笑いどころは日本と何も変わらない。

そして、数冊の絵本を読んで、終盤に、
[どこへいくの?ともだちにあいに!]
を読む。

いわむらかずおさんと、エリック・カールさんの共同作品。
右側から、いわむらかずおさんの描いた動物が、左側からエリックカールさんの描いた動物がやって来る。

そして、中央で皆が出会えて、皆で歌って踊るのだ。

日本側から俺が読んだ後、
アメリカ側からの読み手を募った。

すると、人気者らしい彼が出てきてくれた。

彼の読みはgreat!
犬やニワトリの鳴き声なんか、俺よりうまい!

無事、ラストページまでたどり着くと…。

俺のアドリブ☆

日米共通のHappyソングと言えば…

そう!
[しあわせならてをたたこう]

俺がまず、日本語バージョンを歌って、

彼がEnglish version を歌った!

もう、

鳥肌たったわ。

拍手喝采。

惜しみ無い拍手。

うまく言えたか分からないけど、
「日本の絵本で、アメリカの皆と一緒に楽しめたことが、本当に嬉しい」

と言った、つもり。

以後30分、あの光景を思い出すだけで泣きそうだった。

俺の中で、
絵本は言葉を越えた。

もし、言葉が通じなくても、
俺は絵本で手をつなげる。

アメリカに来て良かった☆

最高だぜ!!

聞かせ屋。けいたろうinUSA!!

聞かせ屋。けいたろうinUSA!!
やったぜ!

現地の高校で!!

後でゆっくり書くから、皆もファイトだ!

これからjapan fair に出演!
教会で読み聞かせだ!

しあわせだからてをたたこう♪

しあわせだからてをたたこう♪
しあわせだからてをたたこう♪
昨日は朝、日本語学校の先生と待ち合わせ。

場所はコーヒーショップ。
なんとかコーヒーを注文すると…

デカっ!

わかってはいたけど、デカい(笑)

英語を勉強していると、初老の男性が話しかけてきた。

どこ行きたいんだ?インフォメーションしようか?
みたいな内容を。

日本語学校の先生が迎えに来るんだ、と伝えると、
OK〜!良い一日を!
みたいな内容を言ってた。

イイわ☆

ほんと、これだけで朝から嬉しい気持ちになれるよ♪

先生と会って、日本語学校のさくら学園へ。さくら学園に通う子どもと大人は、大抵日本にルーツがある人。
親のどちらかが日本人だったり、親戚がそうだったり。
親が日本を学ばせたいと思っている家庭の子ども達かな。
それと、日本が好きな人達。
親日家だったり、アニメが好きだったり。

先生達は皆、俺のことを知ってる。

TV出演のDVDを送っていたので。

ということで、早速授業で絵本を読みました☆

そして、ウクレレで歌いました!

[しあわせならてをたたこう]

なんと、元々アメリカの歌なんだな☆

いきなり手を叩けるんだ、子ども達♪

スゴいでしょ。

そして、絵本への眼差しも変わらないよ。
日本と。

だいたい日本語分かる子ども達だしね。

そして、その後、教会に行きました。

土曜日に行われるイベントの会場は、この教会なのです。

ここで、絵本を読みます。
いつもと変わらぬ30分のステージを、日本語で☆

楽しみです!

今日は、これからハイスクール(高校)で読み聞かせです。
日本語の授業の中で、ゲスト講師です☆

自己紹介と、質問タイムの後、
なんと、外の木の下で読みます☆

あと、20分!

サンフランシスコwithHONEY

サンフランシスコwithHONEY
もうすぐ深夜0時。
4月2日木曜日になるところ。
これから数日はRonさんの家に泊まる。

一日目は、サンフランシスコ内をドライブして、学校に子ども達を迎えに行った。

帰って来て、ウクレレを弾いて、Ronのギターとセッションした。息子のピアノとも合わせた。

音楽は、世界共通だからスゴい。
言葉はいらん。

リトルマーメイドのアンダーザシーをやった☆

そこに楽譜があったから。

そんなアメリカ初日。

緑茶って漢字で書いてあったから、買ってみた。

…そしたら甘かった。

なになに…?

WithHONEY…

入れんな!

OK!レッツゴー!

OK!レッツゴー!
OK!レッツゴー!
一時はどうなることかと思いましたが、お迎えのRonさんも来て、ドライブをして回ってます〜☆

サンドイッチでか!

すべてがBigサイズです。

着いた!SanFrancisco!

着いた!SanFrancisco!
着いた!

けど、

誰も迎えに来てないっていう…(笑)

とりあえずお茶買ってみた。
こはなママにもらった小銭で☆
プリーズホットティー

デカっ!

こんなにホット飲まないから!

さぁ、どーしょっかな〜(笑)

たいせつなたからもの

たいせつなたからもの
今、成田空港です。
あと一時間後に日本を発ちます。

2ヶ月間ですが、日本の絵本を海外で読んできます。

さて、そのまえに、昨日の話。

昨日は、保育園最後の日でした。
坂口先生、ラストです。
実習、アルバイト以外ではきっと、最初で最後の園です。

一年と十一ヶ月。
そんな短い園生活でした。
昨年の五月から、昨日まで、

毎日が大切でした。
非常勤として、聞かせ屋。けいたろうもやりながらの勤務は、正直キツいこともあった。

でも、最高でした。

今、二年前に戻っても、同じ道を選ぶ。

それだけです。

保育士としては、未熟な点ばかりでした。
子ども達に申し訳ないくらい。

でも、思い出ばかりです。

ギターを弾いて、絵本を読んで、ウクレレを弾いて、たくさん歌って遊んだ。

保育では出来ないことばかり、しかも毎日は居ない先生だから、
その分、今の自分だからこそ出来ることを、精一杯やりました。

今の坂口先生と出会えて良かった。

って、思ってもらえるように。

ギターを作った子どもも、ウクレレを買った子どももいた。

それだけで、本当に嬉しい。

うれしい、うれしい。

僕も、今、皆に出会えて、本当に良かった。

ありがとう。

これから、先生は先生でなくなるけど、
きっと皆にまた会える。

ありがとう☆
本当にありがとうね☆

もう、飛行機乗るから。
さよなら、またね!

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »