フォト
無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月の投稿

肉と親父とDVD

肉と親父とDVD

昼は親父と焼肉でぃっ!!
二人で駅前まで歩いていってランチ焼肉☆

今日は珍しく親父のほうが支度が遅かった。
今日の朝は、じっくり静養。布団からコタツに移動したものの…寝てるんだか起きてるんだか…の朝ぼらけ。

ん…朝ぼらけって言葉何だっけ?

まぁ、そんな朝ぼらけチックな朝。

新しい靴が届いたので、早速装着☆
新しい靴っていいよね♪
出掛けたくなるでしょ。
日々を前向きに楽しくしてくれるよね♪
靴って素敵だぜ☆

今日は焼肉食べながら、トーク。

「親父ぃ、まだTVビデオ生活飽きねぇの?(親父は引退してから毎日TVを楽しんでいるのだ!)」

『まだゆっくり休ませてくれぃ。』

「やっぱ最後の仕事しんどかったか?まだ新しい挑戦とかしねぇの?」

『人相手の仕事はやっぱキツかったな。』

「そっか、そんなら何も言わんでおくわ。」

「…もし飽きたらさ、ギターでもやれよ。歌めちゃめちゃ好きじゃん。」

『そうだな〜そっちの方かもなぁ。』

「組むか。オレと。」

『(笑)
でもその前に絵だな。』

「お、そうだな。そんなに好きか。」

(親父は百貨店で一時期絵を売ってた時もある。)

『一人でいた頃は夜中まで描いてた。』

「うそ!?そんなに好きだったの?知らね〜。
それで食おうとか思わなかった?」

『全く。人に評価されようとかそういうのは全く。』

「なんか嫌なことあったか?」

『写生会で、俺のでなく、横で描いてた微妙なのが選ばれた。』

「あっはっは(笑)」

『それからは、自分が描きたくて書いてる。』

「そっか☆何かやりたくなったら言えよ。
それから、俺、この先さ…」

久々に親父に、人生この先のことを話す。

『うん。その方が母さんも安心するだろうな。』

親父は俺のこと信じてくれてっから、決めたことには何も言わん。
その代わり、俺は親父に言ったことは必ずかたちにする。
今までも、これからも。

家に帰って、一緒にDVDを見た。こないだまでCSで放送されてた、情報番組。絵本特集で《聞かせ屋。けいたろう》が紹介されてる。

「お、これだ。」

『長いな…。』

「長ぇ…すげぇ、これすごくねぇ?」

『こりゃすごい。やったじゃん。』

TVっ子親父の密かな楽しみ☆=息子の活躍をコタツで見ること☆

〜うれしい絵本読み聞かせ〜
《聞かせ屋。けいたろう》http://kikaseya.cocolog-nifty.com/blog/
↑[聞かせ屋。日記]
携帯でも御覧頂けます

坂口慶

君が今、そこに居る意味。

君が今、そこに居る意味。
君が今、今日そこに居た意味は、あると思う。

というか、無いわけないんじゃないかな?


遅刻をすれば、寄り道をすれば、失敗をすれば、道は変わる。

でも、それぞれの道に意味があるんだと思う。


以前、読み聞かせの現場に行く時、寝坊した…。
遅刻しかけた。
ほんとは、ステージ開始の相当前に到着する予定だった。でも、ギリギリ。

でも気分は晴れていて、最高のステージを踏めた。

なんでかって言うと、遅い電車に乗ったおかげで、友人に会えたから。
その友人とはちょっと溝が出来ていた。


でも、車内で話しているうちに、溝が埋まっていった。


遅れたから。
予定より遅れたからこそ得たもの。
俺が遅れた意味。


■□■□


昨年末、美容室で髪切った帰り、自転車で行ったのに、間違えて歩きで帰ってきた(笑)
雨降ってきたからさ、傘もらって☆

そしたら、家の近くの交差点で、雨の中、道に迷った親子に遭遇。


『豊島五丁目団地に行くにはどうしたらいいですか?』

「ここからはけっこうありますけど…方向的にはこういってこうなんですけど、わかりやすく行くにはバスで…そのバスの乗り場でわかりやすいのは…」


『本当に丁寧な説明…お巡りさんに聞くよりずっと分かりやすかったです!ありがとうございます。』

「ほんとっすか…♪そりゃ良かった☆」


めちゃめちゃ助けになれた。よかったチャリンコ忘れて歩いてて。
チャリンコ乗ってたら、すれ違うことすらなかった。きっと。

俺がそこにいた意味。


★☆★☆


今、君がこうしてオレの日記を読んでる。
そのことにも、何か意味があるんでしょ。
今、どこで読んでるのかな?
家?電車?仕事先?
今、その場所にいるから、オレの日記を見ようと思ってるのかもしれないし、今、この日記を見たから、また今日が変わるかもしれない☆


もし、君が今苦しんでいるのなら、その意味はきっとある。

苦しい時があるからこそ、何もない日々に感謝できるようになる。
ほんの小さなことをしあわせに感じるようになる。


君が今、そこに居る意味、やっぱりあるんじゃないかな☆

と、俺は思うんだ♪


〜うれしい絵本読み聞かせ〜
《聞かせ屋。けいたろう》http://kikaseya.cocolog-nifty.com/blog/
↑[聞かせ屋。日記]
携帯でも御覧頂けます

坂口慶

僕が河野文彦と組んだ理由

僕が河野文彦と組んだ理由
『ぶんちゃん』こと『こうのふみひこ』へ☆

よぉ文!こうして組むのも久しぶりだなぁ。
お互い何年も別の道を歩いて、また一緒にやれるなんて、すげぇよな☆

しかも、今度はプロのステージだ。

お互い、いつの間にかプロになってたんだよな。

お前はよく、
『ほんとありがとうね!』って言ってくれるけど、俺だって同じ気持ちだよ。
それに、文を《聞かせ屋。》に誘ったのは、文があの時の夢を諦めずに貫いて、マジでプロギタリストになってたからだろ。

文自身がんばってたから、俺が声かけた。
諦めてギター投げ捨ててたら、声なんかかけてねぇよ。

■□■□

6、7年前になるのかなぁ?
文はギターの仕事を、俺は歌の仕事を夢見てた時、あの時も俺が誘ったんだよな。
「俺今、路上で歌ってるんだ、文ちゃん横でギター弾いてくれねえか?」

って。
俺あの時さぁ、ギター始めたばっかで鼻クソだったじゃん。今も耳クソだけどな(笑)
でも、とにかく路上で自分の声を鍛えたくてさ、ギターは路上で歌うための手段だったよ。

でも、それじゃいけねぇし、教えてくれる人もいねぇし…うまくならねぇし…で文に声かけたんだよな。
「俺がうまくなるより、うまいやつに任せよう☆」って(笑)

それからだよな、毎週、文の部屋で練習して、レパートリー増やして、そのままチャリンコで路上。

東十条。
今思うとさぁ、あんなとこでよくやってたよなぁ(笑)駅の階段の踊り場じゃん…。すごい度胸。

声が聞こえるといつも来てくれる床屋の親父に、長渕をリクエストする客引きの兄ちゃん。
けっこう応援してもらってたよなぁ♪
何より楽しかった☆
投げ銭、けっこう入ってたしな(>∀<*)

あれから6、7年経ったんだね。

結局、やってること変わってねぇじゃん!

俺の声に文がギター合わせてくれて。
やるレパートリーはいつも俺が強引に決めるの(笑)
昔からそう、俺がやりたいのを中心にね(笑)

楽譜が絵本に変わっただけだな。

二人の顔も変わってない。

よく笑ってるわ☆

文、昔も今も、ありがとう。

今度路上でも行くか♪
俺の持ち物は…絵本?楽譜?

久しぶりにカーペンターズでも歌おうか☆

〜うれしい絵本読み聞かせ〜
《聞かせ屋。けいたろう》http://kikaseya.cocolog-nifty.com/blog/
↑[聞かせ屋。日記]
携帯でも御覧頂けます

坂口慶

僕を支えてくれた人。

『おまえががんばってるから、俺もがんばろうかな。』

誰に言われてもうれしい言葉だけど、
そう言われて、特にうれしい人がいる。


ガキんちょだった自分を育ててくれた人。
自分の力を信じてくれた人。
今でも、信じてくれている人。


俺が思いっきり考えて決めたことは、必ず尊重してくれる。
流されて決めた事は、
『俺は許さん』と言ってくれる。

諦めるな。思いは必ず届く。と言ってくれる。


俺なんか言える立場じゃないのに、たくさん言い合いをさせてくれた。ぶつからせてくれた。
まるで子どものケンカみたいだった時もある。
すねた時も、ふくれた時もある。

でも、いつのまにか考え方は似てきた。


昔、辛くて、苦しくて、自信が無くて、いつも泣きそうだった時、

『だ〜いじょうぶだよ!お前は俺が守ってやるから』って言われた。

泣いた。
男のくせに、男にそんなこと言われて、情けねぇと思ったけど、泣いた。


その言葉が、その存在があるだけで、どれだけ安心できたか。
張ってた気が、深いため息になって、出た。


「これ以上の下はねぇ、この人がいれば、これ以上は落ちない」って思えた。

それだけで、安心して、上へ登る道を探しに行けた。

自分の居る所が、どんなにどん底に近い場所でも、そのすぐ下で、腕を目一杯広げて受け止めようとしてくれてる。

それだけでいいんだと思った。


多分、人は弱い。
でも、必ず強くなれる。
でも、弱い時はある。あるに決まってる!

そんな時に、君が落ちないように、どん底のすぐそばで、腕を目一杯広げていられる男でありたい。

坂口慶

小さな追っかけ☆

小さな追っかけ☆
けいたろうの追っかけのこはなちゃんです☆

かわいいでしょ〜!
3歳2ヵ月です♪


こはなちゃんは、こないだのららぽ〜と豊洲に引き続き会いに来てくれました〜♪
家では
『こはなちゃんはけいたろうさんなの!』
と言って、絵本を回しているそう(笑)
大好きでいてくれてるみたいです。


今日は、お台場ヴィーナスフォートの【どんぐり共和国】にて、河野文彦くんのギターを重ねてのステージ♪
[てぶくろ]はロシアの風に吹かれ、[かいじゅうおどり]は映画館のスクリーンを見てるかのよう☆


いつもは読み聞かせ中、夢中で発言するこはなちゃん☆
でも今日は、大きいお友達もいて、なんだか圧倒されていた感じ。
しかしその後、お昼をフードコートでとっていたら僕と遭遇!!

『おうどんたべるの』
だそうです。

ちょっとだけ、一緒にお食事をしました♪

こはなちゃん照れてしまってあまりこっちを見てくれませんでした☆
超かわいい☆★☆
俺、デレデレ(笑)

またね〜♪


〜うれしい絵本読み聞かせ〜
《聞かせ屋。けいたろう》http://kikaseya.cocolog-nifty.com/blog/
↑[聞かせ屋。日記]
携帯でも御覧頂けます

坂口慶

冬のサムライ

冬のサムライ
昨年末、美容室に髪切りに行った。

自転車でチャリンチャリ〜んと♪

美容室は地元の行きつけ。ずっと通ってるから、皆顔知ってる

『おぉ〜けいく〜ん!』と皆そんな感じ。

オレの髪切るのは、ダンディなおじ様か、ミッチーのような王子顔の若パパ☆

二人は中学生の時から知ってる。
だから、オレがどんな道くねくね歩いてきたかも知ってるんだ♪


歌手になりたい!学校行く!
って言ってみたり…

学校やめる!
テーマパークに就職かも!
って言ってみたり…

少林寺拳法やる!
って言ってみたり…

受験する!短大行く!保育士になる!
って言ってみたり…

就職しねぇ!聞かせ屋。になる!
って言ってみたり…

たくさん心配かけてる(笑)

だから、オレが新聞に取り上げられた時も、雑誌に載った時も
皆で喜んでくれた☆


髪切られてるとき、ダンディなおじ様に
「今度東京マラソン出ます!」
って言ったら、

『え〜!慶くんなんでいつもそんなに挑戦するの!?』

って(笑)
また心配させちった☆


髪がのびる2ヵ月毎に何かしら驚かせるか、喜ばせるかしています☆


☆彡


あれは…2003年1月。今日のように寒い日のこと。

「坊主にしてくれ!」
って言ったときは、冗談だと思って信じてくれなかった。

でも、オレが本気だと分かってからは、断髪式。
ちょんまげを切るように皆にちょっとずつ切られた(笑)
切る前に深々と一礼されて。
『切らせて頂きます。』


美容室で坊主にする意味がわからん。


時期も間違えた。
マフラーを頭に巻きたいくらいの冷たい日々が始まった。

バイト先では後輩の真面目な女の子が一言…

『坂口さん、罰ゲームですか?』


「…。」

そう、あれは勘違いだった…。

「オレは最後の侍なんじゃないだろうか?」

と思った冬の日。

大ヒット映画、
【ラストサムライ】を見た一週間後の出来事だった。


〜うれしい絵本読み聞かせ〜
《聞かせ屋。けいたろう》http://kikaseya.cocolog-nifty.com/blog/
↑[聞かせ屋。日記]
携帯でも御覧頂けます

坂口慶

〜うれしい絵本読み聞かせ〜
《聞かせ屋。けいたろう》http://kikaseya.cocolog-nifty.com/blog/
↑[聞かせ屋。日記]
携帯でも御覧頂けます

坂口慶

やっぱり俺は、絵本!

やっぱり俺は、絵本!
人に思いを届けるとき、俺は絵本の力を借りる。


俺は、その時、その人に届けたい、自分の思いにぴったりの絵本と出会うことができるんだ。

こればっかりは、不思議すぎて、自分でも説明がつかない。


誰かに、伝えたい思いを胸いっぱいにして歩いていると、何かに導かれるみたいに絵本と出会う。
絵本が話しかけてくれるみたいなんだ。

「その人の所に連れていって」
って☆


だから、俺が絵本を贈るときは、俺の意志と、絵本の意志が半分ずつ。

「絵本があなたの所に行きたがってるんですよ♪」

って言う。

だから俺は、
『絵本に導かれている』
って言うの。


『絵本は縁をつないでくれる』
って言うの。


絵本に感謝してるの。


これからも頼むぜ。

自分の一生のしあわせがかかってる時でも、きっと俺は絵本を贈る。


絵本になら、その思いを託せるから。


絵本に導かれてここまで来れたから。


それが、俺らしいから☆
自分の歩いてきた道を、象徴してるみたいでしょ♪


さぁ!今日も子どもとたくさん笑ってこよう!!


〜うれしい絵本読み聞かせ〜
《聞かせ屋。けいたろう》http://kikaseya.cocolog-nifty.com/blog/
↑[聞かせ屋。日記]
携帯でも御覧頂けます

坂口慶

ウルトラマンソンセンニン

ウルトラマンソンセンニン
昨日の日記、皆にちょっと心配かけちゃったか!
大丈夫だよ☆
励ましに、共感のメッセージ、どうもありがとう!

大丈夫だよ!ありがとう!

俺と同じように…俺よりもかな?色々な思いを持ってがんばってる人たちに、ちょっとだけエールを送ろうかな。


『未来を信じる心の強さが不可能を可能にする、
信じる力が勇気になるんだ』


これ、《聞かせ屋。》をはじめた時や、保育士公務員試験を受けるときに、何度も握り締めた言葉。

誰が言った言葉かというと…写真の彼らが言った言葉ですよ☆

笑う?ウルトラマンかよ!って。

ウルトラマンは俺にとって特別なんだ。
仕事として関わらせてもらったし、子どもと出合わせてくれたのも彼らだし。
導いてもくれたし、試練もくれた。

今の俺の元気と勇気と優しさは、彼らがくれたものだ☆


その彼らがね、言った言葉。
彼らはね、命をかけて大切なものを守るよ。

そうやってね、子ども達や、俺みたいな大人にも大切なことを伝えてくれるんだ。


俺、短大で韓国へ幼稚園実習に行ったとき、ウルトラマンのポスター持っていって、ウルトラマンごっこしたんだよ♪

ウルトラマン、世界共通なの!!
すごいでしょ?

俺、子ども達に
「ウルトラマンソンセンニ〜ン!」って呼ばれた☆

【ソンセンニン】って韓国語で「先生」ってこと。

ジャパンから飛んで来たウルトラマン先生だ☆

うれしかった〜!!

彼らは俺と韓国の子ども達をつなげてくれたんだよ。
ね、特別な存在でしょ?


日本でも俺は、ウルトラマン先生になりたいな♪
もちろんウルトラマンごっこするだけじゃなくて、元気とか勇気とか優しさとか…彼らのたくさんのメッセージを伝えたい。

それと、園に何かあった時、実際に守ってあげられるのは僕らだから。
子どもを守れる力も持った、ウルトラマン先生になりたいんだ☆

いつもありがとう、ウルトラマン!
シュワッチ!!


〜うれしい絵本読み聞かせ〜
《聞かせ屋。けいたろう》http://kikaseya.cocolog-nifty.com/blog/
↑[聞かせ屋。日記]
携帯でも御覧頂けます

坂口慶

東京マラソンまであと1ヵ月!

昨日、夜中に家を飛び出して泣きじゃくった。

自分にとって大切なもんを大切にできてなかった。

悔しくて、情けなくて、色々な思いが募って、涙が止まらなかった。

でも、また一つ、強くなったと思う。


情けない自分は、涙にして追い出した。
間違いも涙にして追い出した。


もう、同じ間違いをしなければいい。
追い出した自分は、一晩思いっきり反省して、また帰ってきた。

「それでも俺は。」
って、決意を新たにして、帰ってきた。


迷いはねぇよ。
どんなに辛くても、逃げ出しそうになっても、誰に決められたわけじゃない。
「自分が決めた道。」
俺が走る理由は、それだけで十分。


今、多分良い顔してる。
目が腫れてさえいなけりゃ完璧だ(笑)


日記書いてるのって結構、自分の為だったりもする。
メッセージを届けたい人がいる時もある。
こうして書いていると、自分の気持ちが固まっていく。
自分の気持ちなんて弱いからさ、実はこうやって固めて、励ましてる。
自分のその気持ちに自信を持てるように。
自分のその気持ちを大切にできるように。

自分を信じてあげられるように。


東京マラソン2月17日まで、あと一ヵ月。
右膝は治った、けど、左足のかかとはまだ痛い。爪先歩きだ。

でも、
どんなに辛くても、逃げ出しそうになっても、誰に決められたわけじゃない。
「自分が決めた道。」
俺が走る理由は、それだけで十分。

日々と何も変わらない。


最近、自分には夢の先の夢が見えた。
それはとてもとても険しい道。
でも、乗り越える。
絶対大丈夫!
絶対に大丈夫だって!

坂口慶

E・T感想文

E・T感想文

…ごめんなさい、気が付いたら寝てました。

まだオレの中でE・Tは、自転車乗ってないっす。

明日感想文書けるかな〜?

今日はブリキの湯たんぽ買いました。
今日から安眠生活です☆

湯たんぽってそんなに一瞬で熱くなるの知らなくて、手に乗せたままお湯入れてたら、速攻でやけどしそうになりました。

電気湯たんぽだったからさ、今まで。

とんぼさ〜んオススメされた通り、ついに買いましたよ〜♪

さかぐちせんせいみたいに

さかぐちせんせいみたいに
今日はららぽ〜と豊洲で《聞かせ屋。けいたろう》
今日は、いつもと違うスタイル☆服も眼鏡も普段着に近い♪


一昨日の日記【和尚先生とパンダ先生と俺。】に書いたとおり、《聞かせ屋。》には保育の経験が生きていると確信した。


だから今日は、今まであえて前に出さないようにしていた、保育士としての横顔をのぞかせてみた。

「けいたろう+坂口先生」

今までは完全に分けてた。保育園の先生が店頭で読んでるだけじゃ、なんだか普通だから☆

手遊びなんかやったら、店頭で預かり保育してるだけのような気がして…。

やらなかった。


大股広げて、絵本回して、、声色思いっきり変えるのが、ゼロから作り上げたけいたろうスタイル。


全ては、まず自分に注目の目を集めたかったから。


集まったら、その目を右手の絵本にズラす。


そうやって、絵本に興味の無い人の目を絵本に集めようと。


作家さんには、
「無礼なことするけど、勘弁して!」って伝えてる。
必ず絵本の未来に還るからって。

だから、まず自分が目立たないといけない。

その中で、坂口先生は自然すぎた。


一度、中途半端に混ざりあって、メリハリも付かず、納得のいかないステージをやったことがある。


それ以来余計に出せなくなった。


頑なにけいたろうスタイルで押していった。

基本的に立って読んだ。

子どもの雰囲気が落ち着いていても、無理やり盛り上げようとした。

ステージマンとして、盛り上がらないと、多少焦った。

でも、今日は違った。


立て膝で絵本読んだ。
低いイスに座って絵本読んだ。


子どもは少なかったけど、焦りなんか感じなかった。

盛り上げようとも思っていなかったから。

目一杯しゃがんで、子どもに寄り添っていった。

坂口先生みたいに。

そしたら、暖かくてやわらかい空間ができた。

俺の胸の中が、ずっと“ほっこり”してるのが分かった。

終わったら、子どもがこんなにイイ顔してた☆


オレも☆

こりゃ全力で取り組んだ獅子が、俺の中で生きてるな。


『自分が合ってると信じていたら、その道は絶対合ってる。
思いっきり夢中になってやれば、絶対楽しくなってくるから。
後悔しないように、今はその道で思いっきりやればいい。』

保育短大に通いながらも、辞めようかと思って悩んでいた時に言われた言葉。

信じて、夢中で、思いっきりやったら、全部つながって、こんなに楽しくなりましたよ!金井さん。

〜うれしい絵本読み聞かせ〜
《聞かせ屋。けいたろう》http://kikaseya.cocolog-nifty.com/blog/
↑[聞かせ屋。日記]
携帯でも御覧頂けます

坂口慶

いざ!明治神宮!!

いざ!明治神宮!!
今日は、ちょっと遅くまで寝てた。
ゆっくり休めた。

そんでもって夕方、明治神宮に行った。

去年一年間、自分の支えになる言葉をくれた明治神宮。

やっぱり神様は見てるな☆今年は
【油断は大敵です】って♪

さすが神様!!
ありがとうございます!
しまって行きます!

それとは別にもう一つ、信じられないようなことが起こったんだけど、それは内緒☆

とにかく今年も、自分と、自分の回りの大切な人たちのこと、見守ってくれるみたいです♪

良かった☆

明日はららぽ〜と豊洲で絵本読み聞かせ!
おもちの絵本でも読み聞かせるか〜♪

〜うれしい絵本読み聞かせ〜
《聞かせ屋。けいたろう》http://kikaseya.cocolog-nifty.com/blog/
↑[聞かせ屋。日記]
携帯でも御覧頂けます

坂口慶

和尚先生とパンダ先生と俺。

和尚先生とパンダ先生と俺。
今日は僕が卒業した短大の先生方が主催する講演会に出席。
先生方とも再会☆

この二人がブログにもよく登場する

絵本の母☆パンダ先生(左)導きの祖父★和尚先生(右)
幻の3ショットだね♪
他にもおばば先生やマキ先生をはじめ…素敵な出会いがいっぱいだった。
資格ももちろんだけど、そっちの方が大きかった気さえする。

僕が《聞かせ屋。けいたろう》をはじめた一番のきっかけは、パンダ先生が毎時間、授業の頭で絵本を読み聞かせしてくれたから。
その時、
「大人でも絵本を読み聞かせしてもらうのはうれしいんだ!」って気が付いて。路上から…。

そのパンダ先生に、12月のららぽ〜と横浜での写真をもらった。

そうそう、あの日、先生見にきてくれたんだ。

泣きそうになったよ。 
つ〜か泣いてたけど(笑)

あの日ステージ見て、言われたんだよ

『あなた、保育の力がついてるじゃない。保育園でもがんばってるのね。』

って。

『あの子どもへの対応を見ていればわかるわ。
子どもが歩き回ったり、色々してても、うまく気を引いたり、目で伝えたり出来てるじゃないの。
あれは保育やってないと出来ないことなのよ。
いいのいいの、あなたは二足三足のわらじでいいのよ!やりなさい!!』

って。

この言葉を言われた時ね、
楽しみながらも迷いながら、悩みながら、苦しみながら、でも楽しみながら一年間つくってきた自分の道が、つながったような気がしたんだ。

保育も、《聞かせ屋。》も胸張ってやって良いんだ!って。

だから、今、保育に夢中になれる。
安心して思いっきりやれてる。獅子舞もね!

きっと、園の先生達も気が付いてる。
迷いが無くなったことにも、たくさん笑うようになったことにも。

子どもに親父ギャグすら言うから(笑)
園庭でも思い切り走ってるから♪

二足のわらじを決めた時なんかしがらみばっかりだったからな。
色々な人に反対された。
知り合いの大人達には、
『それで食べていけるんですか?』
しか言われなかったし。

親は
『あんたいくつだと思ってるの?もう、いい加減にしなさいよ。
就職しないなら縁切るわよ』
って言った。

パンダ先生すら俺の将来を思って反対してくれてた。
俺が
「それでもやる!」
って決めてからは心から応援してくれたけど。

一年ちょいやって、やっと今、

自分の選択に胸張れる。
自分の毎日に胸晴れる。

最後に決めるのは自分。
でも、何を選んでも支えてくれるのは大切な人達。
自分を思ってくれる大切な人達。

パンダ先生に和尚先生、改めてありがとう!

それに、こうして日記見てくれてるあなた。

ありがとう!

さぁ!これからオレの講座だ!やべぇ…遅刻しそう!走んぞ!!

〜うれしい絵本読み聞かせ〜
《聞かせ屋。けいたろう》http://kikaseya.cocolog-nifty.com/blog/
↑[聞かせ屋。日記]
携帯でも御覧頂けます

坂口慶

雨だなぁ。

雨だなぁ。

「あ〜久しぶりに雨降ってんなぁ…」

あったかくしとこ。
風邪気味の人はひどくならないように気を付けてね♪

今日は【ヘネシー・澄子】先生の講演を聞きにきました。
きっかけは、主催団体が僕の卒業した短大の先生達だから。
先生達にも会いたかったので☆

お話の内容は子どもが持つトラウマについて。それにどう対処するか。

でもね、こういうのやっぱり大人にも共通するんだよね。

傷ついたとき、とか泣いているときは泣くのを止めるのではなくて、自分がそっと触れてあげて、全部出させてあげるとかね。
後に残らないように。

やっぱり、人の話や経験を聞いて、無駄なことなんてないなぁって♪

スゴい先生なんだけどさ、人を救える人って表情が違うよな〜。
先生が俺のこと紹介してくれたときも、全てを喜びとして受け入れるような笑顔してた。

とか言いながら、ちょっと頭が疲れてるので、今廊下にエスケープしてきてるんだけども…(笑)

無理しな〜い☆

なんか昨日もよく眠れなかったわ。疲れすぎたかな?

寝る前布団の中でメール打ってたんだけど、気が付いたら1時間寝てた!起きたら携帯握ってたわ。
んで、送信して寝た(笑)
んで日記はさぼった。

明日は寝る!思いっきり寝る!

今日は夜、葛飾区で自分の読み聞かせ講座だす。

今日も恩師(和尚先生とパンダ先生)と再会したから、そのこと、夜にまた日記書きまーす☆

獅子奮迅

獅子奮迅
今日は『ただじゅん』さんの新年お楽しみ公演。
【だだすこだんだん】
を見に行きました♪

獅子の舞いを、見て盗む!

じゅんさんも僕と同じ。
ステージの準備から本番、撤収まで、全てを一人でこなす人。

でも、僕とは内容の厚さが違う!!
歌から昔話、手遊びから皿回し、三味線に太鼓に獅子舞まで!!!
一人五役はくだらない。

一時間あっと言う間だったもん。
小学生から幼児までずっと座って聞いているんだからスゴい。

中でもじゅんさんの獅子は圧巻よ☆
小学生にまぎれて、一人だけ座ってた4才児…

あまりの迫力に…

号泣!!

たまたま俺の隣だったので、涙を拭いて膝の上に(笑)

その後はその子と一緒に獅子舞を楽しみました♪

頭を噛みにくる頃には涙は乾いていて、おそるおそる噛んでもらっていました☆オレも噛まれる(笑)
今年すでに二回目。
今年はめちゃめちゃ良いことあるかも♪

その子、後ろで赤ちゃんと見ていたお母さんの元へ帰ると…

『来て噛まれたよ!ここをがぶってね!』

と楽しそう☆
よかったよかった♪

獅子舞の後の太鼓の演奏でも前に出て、なかなか上手に叩いていました♪
前に出て大丈夫かなぁ?と、なんだかこっちがそわそわしましたが(笑)

大成功!

職業がら、なんだかうれしくなってしまいました(笑)

新年明けましてけいたろう

新年明けましてけいたろう
今日はDande-Lionと《聞かせ屋。けいたろう》inお台場ヴィーナスフォート♪キャラクターショップどんぐり共和国での読み聞かせです。

今日はDande-Lionくんと一緒☆
今年も去年と変わらず、絵本に彩りを重ねてくれそうです♪
今年もよろしくね!
楽しく楽しくやさしくね☆
今日はね、ハンディキャップを持った子も見にきてくれた♪
すご〜く楽しそうでね、俺うれしくなっちゃった。
オレは仕事柄、よく接する機会があるんだけどさ、彼らは感情表現がストレート。

『嫌だ!』の時は
「まいったなぁ〜…」
って俺、頭抱えちゃうこともあるけど。

『うれしい!楽しい!』
の時は
「おぉ〜そうかぁ〜あっはっは☆」
って俺までうれしく、楽しくさせてくれる。

そういう時ってさ、心の底からそういう気持ちなんだろうなぁって思う。

だって添っている俺までそういう気持ちにさせてくれるんだから。

自分の隣に居る人が、自分と同じしあわせを感じてくれるような、そんな存在になれたら…それはそれは素敵でしょう☆

それと…
心の底からうれしい思いって、最近してる?

してなかったら…しようぜ!!

それは…
好きなことしてる時?
好きな人と一緒にいる時?
美味しいもの食べてる時?ステージに立ってる時?
ゲームやってる時?
スポーツしてる時?
本読んでる時?
ギター弾いてる時?
ピアノ弾いてる時?
旅行してる時?
風呂入ってる時?
映画見てる時?
ゴルフしてる時?
家族でいる時?
友達と話してる時?
買い物してる時?
仕事してる時?
子どもに寄り添ってる時?夢を追いかけている時?
夢が現実になった時?

答えもヒントも、もう自分の中にあるでしょ☆
自分の気持ちを大切にしてあげてね。

その気持ちを守れるのは自分だけだと思うから。

坂口慶

獅子舞炎の如く

獅子舞炎の如く
今日はまず、朝一接骨院行きました。

「待ってました!!」

本日9時が新年診療スタートなのです。
ようやく右膝と左足の裏を見てもらえる!!

「先生…今日は右膝と左足の裏…」

『(苦笑)…で、何でそうなったの?』

「走った。…じゅう…さんきろ…」

『…(苦笑)若いなぁ。急に倍にしたら駄目だよ〜。』

「やっぱり?」

『ハイ電気ぃ〜冷やしてぇ〜ハイうつぶせ〜』

『股関節…固いじゃん、少林寺休んでストレッチしてないだろ。』

「…はい。それか!原因。」

『あれだけ柔らかかったのに〜余計固くなるぞ。やること!いい?
あと、距離伸ばすのはちょっとずつ!!』

「…はい。先生、多分、2月18日来ますわ。東京マラソン翌日。保育園休めねえけど。」

『…はい(笑)』

上本先生…今年も…お世話になりそうです(笑)

★☆★☆

そして、お昼に板橋の
【こどもクリニック開業10周年お楽しみ会】へ。

クリスマスにコンサートで共演した【ただじゅん】さんの獅子舞を拝みに。

クリニックに着くと…
知らないおばちゃんから

『ただじゅんさんですか?』

「違います!」

『読み聞かせの人ですか?』

「なんで知ってるんですか?」

すると二階からただじゅんさんの声。

『お〜い!けいたろ〜く〜ん♪あがってこ〜い!』

まずは挨拶

「あけましておめでとうございます!」

『読み聞かせのけいたろうくん。今日読んでもらうっていう…。』

「あ…もう出演確定なんですね(笑)下のおばちゃんでさえ知ってましたわ。」

ということで、獅子舞の前座を仰せつかまつる事に☆

本年度一発目は
【おもちのきもち】講談社
正月が終盤を迎え、食べられることを恐れたかがみもちが逃げ出す話。

親御さんも子ども達も、正月の雰囲気温かく、楽しそうに聞いてくれました。

そして獅子舞☆
あれ、生きてるわ。
子ども数名号泣。

超カッコイイ☆

片付け後、獅子舞の舞い方を教わる。

やっぱり、新しいことに挑戦するのって素晴らしいことだわ。

心は燃えるし、自分の目が輝いてるのが分かる。

一通り舞い方を伝授され、あとは、自宅で練習。
次はまた8日火曜日に一日弟子入り。

ただじゅんさんどうもありがとうございました☆

炎のように熱く舞ってやりますわ!!

〜うれしい絵本読み聞かせ〜
《聞かせ屋。けいたろう》http://kikaseya.cocolog-nifty.com/blog/
↑[聞かせ屋。日記]
携帯でも御覧頂けます

坂口慶

トーマスエプロン

トーマスエプロン
年賀状をポストに投函した帰りの一本道。
友達が自転車で向かってきたので、右手をあげて声をかけました。

「おぅ!!」

もっと近づくと…
それは見たこともないおっさんでした。

俺、やっぱり眼鏡必要だわ。

□■□■

昨日は買い物三昧。
ジャージに靴にエプロン。保育に必要なものを買い揃えました。
今までグズグズでした(笑)
心機一転、気合い入れてやろうと思って☆

そこで、エプロンですが、ホントはしなくてもOKです。でも、オレはします。
♪な〜んでか?←あのギター漫談のメロディで。

それはね、気持ちと、機能性と、親御さんから見た目。
機能性!オレのエプロンにはティッシュとビニール袋に入った雑巾まで入っているのさ☆あと、しまいそこねた玩具。

あと、見た目。
オレ、ギターやウクレレ持ち出したりするからさ、たまにソファーで弾いてたりすると、遊びに来た兄ちゃんみたいなんだよね(笑)

俺が子ども預けてる親なら、もうちょっと安心させて欲しいかなって思うから。
親御さんはその場面しか見れないからさ。

挨拶は先手必勝☆いつもしっかりするぜぃ!

あとは気持ち。
ただ遊んでるんじゃねぇぞ。っていう。
夢中になりすぎると危ないからさ☆

ONが出来ると、OFFも出来る!休憩の時は外しま〜す♪
体が反応してリラックスモードに切り替わりま〜す。

実は眼鏡も…♪この話はまたいずれ☆
この眼鏡の時はけいたろうとかね♪

それにしても…このエプロンはどうだろう?
これ…カワイすぎねえか?
いやいや、トーマス好きな子がいてさ、喜ぶ顔が見たいし…絵描いてって言われるから見ながら描けるし。と思ったんだけど。

店頭での試着はさすがに恥ずかしいから速攻で買って…(笑)

そしたらトーマスキャラクター早見表もらって…
「こんなん皆同じじゃねーか!」
と思って。

「【笑ういたずら貨車&いじわる貨車】って…それ名前か?」
と思って。

トーマス商品専用のスタンプカードまで作ってもらって…。

どんだけ俺トーマス漬けになんの?
と思った正月休みでした。

んで、明日、子どもクリニックの
【10周年ありがとうお楽しみ会】に獅子舞見に行く☆
去年ステージで共演した人の獅子舞。
んで、舞い方習ってくるわ。
ついでに
『子ども集まったら一発読んでよ!』
と言われたので、新春一発目は獅子舞と共演かな♪
あ、こりゃ目で鯛☆

〜うれしい絵本読み聞かせ〜
《聞かせ屋。けいたろう》http://kikaseya.cocolog-nifty.com/blog/
↑[聞かせ屋。日記]
携帯でも御覧頂けます

坂口慶

書き初め〜今年の一文字〜

書き初め〜今年の一文字〜
じゃ〜ん!!
昨日、ばぁちゃん家で書き初めやったぜ☆

本当はばぁちゃんと一緒にやろうと思ったんだけどさ、

『わたしゃいぃよ〜!
この齢の人は、字なんかうまく書けやしない。』って
ばあちゃん超頑固!!!!ほんと頑固一徹!筆持たねぇ(笑)

しゃあないから伯父さんと二人でやる。
でもばぁちゃんも楽しそうに見てる♪

今年の漢字は!!!!

『笑』

今年もたくさん笑えますように!
そして、俺が笑ってんの見て、皆が笑ってくれたらいいなぁ。
そしたら俺、それ見てもっと笑うわ☆☆☆


☆★☆★


「一昨年は今までで、一番笑えなかった一年。

去年は今までで、一番笑えた一年。」

俺ね、一昨年、短大一年生の後半あたりから、軽いうつ的な時期があったんだよね。
将来に対する焦りと不安と、極度のプレッシャーで。それまで積み重ねていた自信が折れた。

『バキッ』てね。

すごい音したぜ。

その時にさ、
「毎日何が楽しくて生きてるんだろう?」ってなったんだ。
常に不安が心の中でグルグル回ってるからさ、何しても楽しく感じられないの。
笑えないんだよね。

しまいには顔の筋肉まで固くなってきてさ、笑うとキツいの。


しんどかったぁ〜!
毎日、楽しいこと探すのに必死だった。
散歩してキレイな花を見つけたり、とてつもなくデカい木を探したり。

今思うと末期だな(笑)

でも、楽しいことを見つけないと、
「今日一日なんだったんだろう?」
になるから、それがこわかった。


そういう時、頭重いし、常に眠いし…。


でもさ、
『ありがとう』って言葉と『笑』に助けられたよ。
『ありがとう』って言って笑うとさ、
カチコチの氷みたいな自分の心がさ、ちょっとだけ溶ける気がするの。
ほんのちょっとだよ。


でも、続けてたら、ちょっとずつ自然に笑えるようになってくるの。


あとは、自分の自信を折ってくれたものに向かうだけ。
また粉砕されるのがとんでもなく恐かったけど、自分にとって大切なことだったから、逃げたままではいられなかった。

自信取り戻した。
「俺は出来ないもんは出来ない!!けど、出来るもんは出来る!」
って自信。

それからなんだ。
オレがよく笑うようになったのは♪

あの、何を見ても楽しくない日々があったから、ごく普通に楽しいことに出会える毎日がうれしいんだ。

だから、思わず笑っちゃう!!
デカいイモ虫が転がってるだけで笑っちゃう♪

保育やれて絵本やれて幸せだよな〜って思うだけで笑っちゃう☆


だからね、


一昨年は今までで、一番笑えなかった一年。

去年は今までで、一番笑えた一年。


今年は、今までで一番笑う一年。
周りにいる皆を笑わせて…それ見て俺が笑う!!


生きてるとしんどいこと多いわ〜。今も俺、不安なことあるもの。
でも、しょぼんと下向いてても何も落ちてねぇよ。

とりあえず…一緒に笑っとかねぇ?


〜うれしい絵本読み聞かせ〜
《聞かせ屋。けいたろう》http://kikaseya.cocolog-nifty.com/blog/
↑[聞かせ屋。日記]
携帯でも御覧頂けます

坂口慶

たいした孫だ!〜年越しはWONT'BE LONG〜

たいした孫だ!〜年越しはWON'BE

『たいした孫だ!』


言わせてやったぜ!
ばぁちゃんに。


待たせたな〜、いつまでも就職せんで、道変えて。心配したろ?


でも、待たせた分
すげぇだろ!!

見ろ、俺が載った新聞に雑誌、それに…坂口先生の写真。


ようやく認められたぜ、あんたの孫は☆
近所の爺さん婆さんに自慢したれ!

それよりさぁ、ばぁちゃん足痛そ〜。
俺も一昨日膝やって…わかったわ。

ようやくわかったわ。
歩けないってこういうことか。


まじこれ、しんどいな。
昨日俺、駅の階段降りれなかったもんな〜。
これは出かけたくなくなるわ。
家の階段もそりゃ登れないわ。


自分が実際そうならないとさ、人の痛みなんてわかんないよな。

わかったフリしてたぜ。

そりゃ出かけんの無理だよなぁ。明日もTV見とこっか。
あとは、書き初めだな☆


坂口先生プロデュース書き初め大会〜♪

明日ね!

■□■□

今年の年越しはTVに見事にやられたわ。
NHKとか見ながら静かに年の終わりと始まりを楽しもうと思ってたのに…。

6チャンのCDTV見てたらさ、
年越し5分前に
EXILE出てきて【Choo Choo TRAIN】ですよ。
そりゃ口ずさむっちゅ〜の!!夜中にテンション上がっちゃって熱唱だわ。

歌い終わって…違う、歌が終わって、

「さぁNHKだ!」
とチャンネル握ったら…

『皆〜盛り上がっていくよ〜!』って
…倖田來未ですよ。
こんなんテンション上がっちゃうじゃん。
夜中に、居間で、一人で。

テンション上がっちゃって二曲目熱唱だわ。
こんなんずるいわ【WON'T BE LONG】

んでその間奏で
『3・2・1…あけましておめでと〜!!』って。

そんなんテンション上がっちゃってるから
「あけましておめでと〜」って言っちゃうっつーの。夜中に、居間で、一人で。

やられたわ。YES、TBS。


★☆★☆

んで、今日、コタツ生活も飽きて、CDショップへ。

何となく、足はEXILEコーナーへ。

それとなく、手が一枚のCDをピックアップ。

「うぉ…WON'T BE LONG…」


今更買うのか…?オレは。他に買うもんねぇのか…。しかもDVD付きだぞ、今更見るのか…?


「これください。」


なんとなく、すげぇ恥ずかしかった元旦の夕暮れ時でした。                                 

〜うれしい絵本読み聞かせ〜
《聞かせ屋。けいたろう》http://kikaseya.cocolog-nifty.com/blog/
↑[聞かせ屋。日記]
携帯でも御覧頂けます

坂口慶

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »