フォト
無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« ひとりBIGECHO | トップページ | 今年最後の路上☆ライバルは88 歳 »

僕がDande-Lion と組んだ理由。

僕がDande-Lion<br />
 と組んだわけ☆

毎週木曜日の夜9時、北千住マルイ前には不思議な二人組がいる。

路上で絵本を並べている、売っているのかと思いきや、ギター演奏にのせて絵本の読み聞かせをはじめる☆

Dande-Lionと《聞かせ屋。けいたろう》

僕がDande-Lionこと伊藤優一と路上に立っている。

二人は今にはじまった仲ではなかったりする。

実は、優ちゃんは高校時代の1コ上の先輩。
同じ軽音楽部で、憧れの先輩。歌がクソ上手い。
当時優ちゃんはZEALというバンドのボーカル。
XJAPANのコピーなんかをやっていた。

俺、いまだに優ちゃんより上手くXを歌う人に出会ったことない。
紅やRUSTY NAILなんて鳥肌立つぜ。

オレは優ちゃん目指して歌の道へ進んだと言ってもいいくらい、憧れた。

オレは当時ポチョムキンってバンドのボーカル(笑)。
ルナシーやラルクのコピーが多かったかな。
ドラムが見つからなくて、優ちゃんはうちのバンドのドラムもやってくれた。

彼がやっていた部長の仕事は僕が引き継いだ。

彼が音楽の道へ歩きだした時、自分の意志も音楽へ向いていた。
その時は憧れより、自分の夢が確立していて、抜いてやろうという気持ちだったけれど。

●◎○

そうして別れて7年。

●◎○

「あのさぁ、オレの絵本の読み聞かせにギターつけてくんない?」

『…いいよ!やってみようか。』

そして、池袋で打ち合せ。話しているうちに、やりたくなった。

その日優ちゃんはギターを持ってきていなかった。

…でも、なぜかオレが持っていた(笑)

その日オレは絵本を持ってきていなかった。

…でも古本屋で一冊だけ売っていた(笑)

そこで出会った絵本が
【めっきらもっきらどぉんどん】

「とりあえず読み聞かせ見せるわ。」

池袋連絡地下道ウィーロード入口で、路上絵本読み聞かせ。
絵本は初見だったけど、とにかく早くやりたかった。
読み終わり、

優ちゃんがいきなりギターを取り出した。

『とりあえずやってみようか。』

二人は7年ぶりに同じステージに。

…絵本の可能性を見た。

その後ひたすらに十数回読み聞かせをした。
一冊の絵本をひたすらに。

思えば、あの時につけた音楽は、今もほとんど変わっていない。

忘れられないし、運命的なものだったのだろうと思う。

もう寒くて、路上は出来なくなるけど、2008年1月から、毎月第一日曜日にヴィーナスフォート内でのステージが組まれることになった。

高校時代の二人の夢だった、プロとしてのステージ。
路上から一つ、花が咲いた☆

やったぜ!
よっしゃ!!
さいこ〜!!!
思いっきりやってやんぜ☆思いっきり楽しんでやる♪

〜うれしい絵本読み聞かせ〜
《聞かせ屋。けいたろう》http://kikaseya.cocolog-nifty.com/blog/
↑[聞かせ屋。日記]
携帯でも御覧頂けます

坂口慶

« ひとりBIGECHO | トップページ | 今年最後の路上☆ライバルは88 歳 »

コメント

ビーナスでやるの!!??
すごいじゃん!!
見に行くよ!!!!
おめでとーーーーー♪
夢がかなうってステキ☆
サインくださいw

☆のえりんこちゃん。
ヴィーナスフォートの中のどんぐり共和国だよ。


12月は、1日(土)と9日(日)

時間は、
11時30分      13時30分
15時30分

↑何か思い出す時間でしょ☆
あの西村さんが店長の店。            一年前の今頃は…お客さん2組だったかな☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/411162/9160748

この記事へのトラックバック一覧です: 僕がDande-Lion と組んだ理由。:

« ひとりBIGECHO | トップページ | 今年最後の路上☆ライバルは88 歳 »