フォト
無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 【トイレからのてがみ】~みんなで絵本のおはなしをつくろう!~ | トップページ | 僕が≪聞かせ屋。≫になった理由。④ ~路上からはじめよう~ »

僕が≪聞かせ屋。≫になった理由。③ ~ウルトラマンがくれたもの~

浅草ROXウルトラマン倶楽部というお店で働くことになった僕は、ウルトラマンと出会った。

子どもの頃はタロウが好きだったが、どちらかというと電撃戦隊チェンジマンの方が好きだった。

人並みにウルトラマンごっこをして、成長して、いつしかウルトラマンのことは忘れていた。


ショップコーナーでおもちゃに触れ、ジャングルジムで子どもと遊び、スナックコーナーでウルトラマンどら焼きを食べて、イベントステージでウルトラマンに会った。

たくさんの子ども達と、素敵な仲間達と出会い、毎日が楽しくて楽しくて、しょうがなかった☆

中でも一番うれしかったのは、『子どもの夢が叶う瞬間』を、あんなに近くで感じることができたこと。夢だったウルトラマンと出会い、握手をするときの子どもの顔!!

自分は子どもの夢を叶える手伝いをしているんだと思うと、涙が出た。

きっと一生忘れることはない。

でも、もちろん楽しいことばかりではなくて、試練もたくさんあった。

仕事と責任に潰されそうになったこと、寝ても覚めてもウルトラマン倶楽部のことしか考えられなかった時期もあった。

でも、ウルトラマンは勇気をくれた。お客さんを通して、喜びをくれた。どんなときでも見守ってくれていた。

だから、乗り越えられた。

そして、僕に子どもとの出会いをくれた。

子ども同士の優しさが伝わった瞬間に出会ったとき涙をこらえきれなかった。

迷子になって僕を頼ってくれる小さな手、僕に会いに来てくれる子ども達、

僕と汗だくになって遊んだ子どものお母さんはこう言った。

『この子、お父さんがいないんです。だから男の人にこうやって遊んでもらうことがなくて…お兄さんみたいなせんせいが保育園にいたらいいのに…』

受験勉強を始めた。目指すは短大!!お金を貯めて、今こそ大学へ行く!!



その二年後、浅草ウルトラマン倶楽部は残念なことに閉店してしまった。

でも、一生忘れることはないし、ウルトラマン倶楽部の思いは引き継いでいる。

いつか必ず、ウルトラマンに恩返しをしたい。

自分の一番大切なものをくれたウルトラマンに!!

« 【トイレからのてがみ】~みんなで絵本のおはなしをつくろう!~ | トップページ | 僕が≪聞かせ屋。≫になった理由。④ ~路上からはじめよう~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【トイレからのてがみ】~みんなで絵本のおはなしをつくろう!~ | トップページ | 僕が≪聞かせ屋。≫になった理由。④ ~路上からはじめよう~ »