コンタクト

  • メールアドレス:
  • アドレス(URL): https://kikaseya.jp/
  • 誕生日: 1982年 8月 24日

自己紹介文

《聞かせ屋。けいたろう》

夜の路上で、大人に絵本を読み始めた聞かせ屋。
親子読み聞かせ、絵本講座、保育者研修会で全国を駆け巡る。
絵本の文章や翻訳も手がける。保育士。二児の父。
作品に『どうぶつしんちょうそくてい』『たっちだいすき』(アリス館)
『あいたい あいたい あいうえお』(KADOKAWA)
翻訳作品に『まいごのたまご』(KADOKAWA)『パパとタイガのとびっきりキャンプ!』(教育画劇)等。
ホームページ https://kikaseya.jp/


ー出版歴ー
2010年8月 初の著書となる絵本ガイドブック
『絵本カルボナーラ~おいしい絵本を召し上がれ!~』を出版(フレーベル館)。
2014年8月 絵本の文章を担当。『どうぶつしんちょうそくてい』を出版(アリス館)。高畠純氏との共作。
2014年11月『どうぶつたいじゅうそくてい』を出版(アリス館)。
2018年6月 絵本の翻訳を担当。『まいごのたまご』を出版(KADOKAWA)。
2018年7月 文章担当『おっぱいごりら』『たっちだいすき』を出版(アリス館)。ひろかわさえこ氏との共作。
2019年11月 翻訳担当『えらぶえほん』を出版(講談社)。
2021年6月 翻訳担当『パパとタイガのとびっきりキャンプ!』を出版(教育画劇)。
2021年12月 文章担当『あいたいあいたいあいうえお』を出版(KADOKAWA)。おくはらゆめ氏との共作。
2022年10月 翻訳担当『きょうりゅうかくれんぼ』を出版(KADOKAWA)。


ー活動歴ー
宝仙学園短期大学保育学科在学時、恩師の読み聞かせを見て、
「絵本は大人でも楽しめるかも…」と感じる。
2006年10月14日21時。カバン一杯の絵本を抱え、夜の路上で大人向けの読み聞かせを始める。それ以後、ららぽーと豊洲や上野動物園をはじめとして、日本全国で絵本読み聞かせ公演を行う。2010年以降は毎年、年間150本を越える講演・公演を行う。
2007年より大田区立本蒲田保育園にて非常勤保育士勤務。
2009年よりピラミッドメソッド千葉保育園にて非常勤保育士勤務。
2009年、2010年、2012年に米国カリフォルニア州「Sakura Gakuen」より招致され、『Story telling festival』等に出演。述べ4ヶ月の滞在中に、日本語に英語も交えて絵本を読む。
2014年より文章作家としての活動を開始。絵本『どうぶつしんちょうそくてい』を出版。
2015年 香川県坂出市立大橋記念図書館等、日本全国で講演。
2016年より羽田幼児教育専門学校非常勤講師として授業「言葉」を担当。
2017年 東京都民間保育園協会新任研修講師を務める。
2018年 日本医療保育学会全国研修会講師を務める。
2019年 和歌山県有田川町にて『たっちだいすき』他、著書4作品の原画展を開催。絵本作家ひろかわさえこ氏、高畠純氏と共に講演。
2020年 山梨県笛吹市図書館にて絵本作家おくはらゆめ氏と共に講演。
2021年 あだち絵本シアター(東京都足立区)の講師を務める。
2022年 東京都私立幼稚園教育研修会 新規採用職員研修講師を務める。
2022年「おいでよ!絵本ミュージアム2022」にて『まいごのたまご』の企画展示と公演で携わる。

☆趣味はフットサルとタップダンス。
☆好きな食物は寿司・焼肉・ハンバーグ・漬物・果物。
★そば・コーヒーが苦手。お酒も得意ではありません。


■絵本作家さん、出版社さんへ

私は絵本が大好きです。
絵本と作家さんの思いを、大切にしたいと考えます。
私に至らない部分があれば、おっしゃって下さい。応援して頂けたら、ありがたいです。
多くの人に、絵本に触れてもらえるよう、頑張ります。

坂口慶《聞かせ屋。けいたろう》